米韓軍、南北境界線近くで合同訓練 北朝鮮をけん制
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米韓軍、南北境界線近くで合同火力訓練 北朝鮮をけん制

北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる緊張が高まるなか、米韓両軍は26日、南北軍事境界線に近い抱川(ポチョン)の演習場で合同火力訓練を実施した。

訓練にはF15戦闘機やアパッチ攻撃ヘリコプター、多連装ロケット砲など投入された。