マクロン仏大統領候補、EU改革なければフレグジットも
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

マクロン仏大統領候補、EU改革なければフレグジットも

フランス大統領選の決選投票を7日に控えた中道派のエマニュエル・マクロン候補は4月30日、自分は一貫して親欧派だが、欧州連合(EU)に不満を抱く国民を裏切るわけにはいかないとBBCに述べた。EU改革が実現しなければフレグジット(フランスのEU離脱)の可能性もあると指摘した。