「最もPCBに汚染された個体」か 打ち上げられたシャチ
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「最もPCBに汚染された個体」か 打ち上げられたシャチ

2016年1月に英スコットランド・タイリー島で、放置された網にからまっての海辺に昨年打ち上げられたシャチ「ルル」の死体から、基準値の20倍にあたる高濃度の化学物質PCB(ポリ塩化ビフェニル)が検出された。調査結果をこのほど発表したスコットランド・ルーラル大学の研究者は、これほど高濃度に汚染された生物の個体は記録上、初めてかもしれないとみている。

きわめて高濃度の化学物質PCB