トランプ氏「もう笑われない」 パリ協定離脱
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

トランプ氏「もう笑われない」 パリ協定離脱

ドナルド・トランプ米大統領は1日午後、気候変動への国際的な取り組みを決めた2015年のパリ協定から離脱すると宣言した。米国の企業や労働者に不利にならない「公平」な新しい取り決めの再交渉を始めると述べた。

一方で、仏独伊の各国政府はただちに、パリ協定の再交渉には応じないと反論した。

米国内でも、複数の州や都市が、連邦政府をよそに自分たちはパリ協定を順守すると「気候連盟」を結成した。

トランプ大統領が「自分はパリでなくピッツバーグの市民を代表するために選ばれた」と名指しされたピッツバーグのビル・ペドゥト市長もただちに、「我々はパリ協定の指針に従うと約束する」とツイートした