【ロンドン攻撃】 容疑者を「前に通報したが反応がなかった」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

【ロンドン攻撃】 容疑者を「前に通報したが反応がなかった」

ロンドン警視庁は5日、ロンドン中心部を襲った3日夜の攻撃について、現場で射殺した実行犯3人のうち2人の氏名を、ロンドン東部バーキング在住だったクラム・バット容疑者(27)とラシード・レドゥアン容疑者(30)と公表した。

バット容疑者は、以前から英情報局保安部(MI5)と警察に認識されていたが、攻撃計画について情報は得られていなかったという。

容疑者の一人について2年前に、警察の対テロホットラインに通報したという男性に、BBCアイジャン・ネットワークのリキン・マジティア記者が話を聞いた。

捜査当局は、捜査対象として優先順位が低かったのは、具体的な攻撃計画に関与しているという情報が得られていなかったと説明している。

男性の安全確保のため、音声は吹き替え、画面に加工してある。