「シリアを生き抜いたのに」 弟からの最後の電話 ロンドン火災
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「シリアを生き延びたのに」 弟との最後の電話 ロンドン火災

ロンドン西部にある高層の公営住宅で14日未明に起きた大規模火災で、最初に身元が明らかになった犠牲者のモハメド・アルハジャリさん(23)は、シリア内戦を逃れて2014年に英国に移住し、大学で土木工学を学んでいた。

一緒にいた兄のオマールさんは、避難の混乱のなか、はぐれてしまった弟に電話を掛けたところ、モハメドさんはアパートに戻っていたという。オマールさんが会話の内容を振り返った。