カムデン住宅から避難指示され 「犬をどうしろって言うの」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

カムデン住宅から避難指示され 「犬をどうしろって言うの」

ロンドン西部「グレンフェル・タワー」の大規模火災を受け、英政府がイングランド各地の公営高層住宅の安全性点検を指示したところ、北部カムデン区は23日、「チャルコッツ団地」4棟(650戸)の住民に、一時避難を指示した。外装材が基準に満たなかっただけでなく、ほかにも防火扉やガス管などについて複数の防火基準違反があったという。

カムデン区によると、23日夜の時点で住民の大半は避難したものの、高層住宅に住む約200人が避難を拒否。区はこの住民たちに、改修工事のため一時退避「しなくてはならない」と通知したという。

住民のシャーリー・フィリップスさん(72)は24日、現地を訪れたカムデン区議会のジョージア・グールド議長に、飼い犬を理由に避難先を提供されなかったと抗議した。