シャーロッツビル 春からの緊張がついに死傷事件に
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

シャーロッツビル 春からの対立がついに死傷事件に

米南部バージニア州シャーロッツビルでは、南北戦争の南部側将軍の像撤去をめぐり、今年4月からクークラックスクラン(KKK)などの白人国家主義者たちが抗議集会を重ねていた。

そしてついに12日には、極右側と抗議する側が衝突し、女性が一人と警官二人が死亡、多数が死傷した。

これまでの経緯を短くまとめた。