極右に抗議する集団に車両突入 決定的瞬間を撮ったカメラマン
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

極右に抗議する集団に車両突入 決定的瞬間を撮ったカメラマン

米南部バージニア州で12日に開かれた白人至上主義集会に抗議した女性が死亡し、多数の負傷者が出た事件で、現場で取材していた写真家のライアン・M・ケリーさんは、抗議する人たちに極右男性が乗用車で突っ込み大勢を跳ね飛ばした決定的瞬間をカメラでとらえた。

ケリーさんにBBCニュースが話を聞いた。

(ビデオ撮影:ポール・ブレイク記者)