不寛容と排斥を警告 1947年の米政府映画に再び注目
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

不寛容と排斥を警告 1947年の米政府映画に再び注目

米政府の戦争省が1947年に制作した映画が、ソーシャルメディアで再び注目されている。

米南部バージニア州シャーロッツビルで白人国家主義者たちの極右集会で死傷者が出たのを機に、不寛容な排斥主義の危険性を警告する内容が、あらためて話題になっている。