ブラジル・リオで発砲事件相次ぐ 五輪終了後に急増
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ブラジル・リオで発砲事件相次ぐ 五輪終了後に急増

ブラジルのリオデジャネイロで銃を使った事件が急増している。今年前半だけで3500人近くが殺害され、警察による射殺の件数も45%上昇した。昨年のオリンピックが終了して以来、組織犯罪が活発になったことが背景にある。