お葬式は「ロボット導師」に? 未来を先取りか
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

お葬式は「ロボット導師」に? 未来を先取りか

東京ビッグサイトで開かれている葬儀や埋葬、供養に関わる設備やサービスの展示会、「エンディング産業展」で、ソフトバンクの人間型ロボット「ペッパー」がお経を上げる姿に来場者が目を丸くしている。人手不足が懸念されるなか、未来の葬儀を先取りしているのか。

人間の僧侶に読経をしてもらう葬儀では数十万かかることもあるが、ロボットの場合は5万円程度と、費用を抑えることができるという。