バルセロナ襲撃で息子失ったが…イスラム教指導者と抱擁
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

バルセロナ襲撃で息子失ったが…イスラム教指導者と抱擁

バルセロナ襲撃で3歳の息子を失ったハビエル・マルティネスさんが25日、バルセロナ郊外の追悼集会で、イスラム教指導者のドリス・サリム師と涙ながらに抱き合い、集まった人たちの拍手と声援を浴びた。

バルセロナとカンブリスの連続襲撃では15人が死亡。マルティネスさんの息子ハビちゃんは、最年少の犠牲者だった。