ヒューストン市民「人間の鎖」で高齢者の救出に協力
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ヒューストン市民「人間の鎖」で高齢者の救出に協力

激しい暴風雨「ハービー」による大雨で深刻な洪水被害の出ている米テキサス州ヒューストンで29日、車ごと流されていた高齢男性を助け出そうと、住民が「人間の鎖」を作って協力した。

通りかかった人たちが手に手をつないで、川と化した道路を流されていた多目的スポーツ車(SUV)にたどりつき、お年寄りを救出した。

車で通りかかったステファニー・マタさんが、その様子を撮影した。お年寄りは病院に運ばれ、家族と再会したという。

州都ヒューストンの多くの場所が冠水しており、20人以上が死亡したとわれる。