ロヒンギャとは……自分たちの言葉で
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ロヒンギャとは……自分たちの言葉で

ミャンマー西部ラカイン州で、軍部などによる暴力を逃れようと、人口の約半数にあたる約30万人の少数派ロヒンギャが隣国バングラデシュに避難している。

今回の危機は8月下旬にムスリム武装勢力が複数の警察施設を襲撃したことが契機となったが、昨年10月にも武装勢力と軍の衝突を契機に住民がバングラデシュに避難していた。

ミャンマーでもバングラデシュでも、国民として認められないロヒンギャとは? 自分たちの言葉で語ってもらった。