夫のパソコンに大量の児童ポルノ 公表した豪議員の思い
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

夫のパソコンに大量の児童ポルノ 公表した豪議員の思い

オーストラリア・ビクトリア州議会のレイチェル・カーリング=ジェンキンス上院議員(豪保守党)は7日、子供を性的に虐待したポルノ画像を自分の夫がコンピューターに大量に保存していたため、自ら通報したと議会に報告した。

発見した昨年、ただちに警察に通報した結果、夫は禁錮刑の有罪判決を受けたと議員は明らかにした。

「私の結婚はその場で直ちに終わり、(画像を)発見したその日に私は家を出ました。その後も、自分の物を取りに行く以外は自宅に戻っていません」と議員は議会に語り、これまで公表を控えていたのは、捜査や裁判の妨げになるのを避けたかったからだと説明した。

BBCニュースがカーリング=ジェンキンス議員に思いを尋ねた。