ジェーン・フォンダ氏、ワインスティーン氏について「早く言えばよかった」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ジェーン・フォンダ氏、ワインスティーン氏について「早く言えばよかった」

米女優ジェーン・フォンダ氏は、強姦を含む性的加害行動が問われている大物映画プロデューサーのハービー・ワインスティーン氏について、行動に問題があると約1年前から知っていたと明らかにした。

BBC番組「ハードトーク」のスティーブン・サッカー司会者に対して、「その時点で発言していれば良かった」、「勇気が足りなかった」と認めた。

ワインスティーン氏は、合意のない行動は一切していないと主張している。

(編集部注――日本では「ワインスタイン」と表記されることの多いハービー・ワインスティーン氏の名前は、本人や複数のハリウッド関係者の発音に沿って表記しています)