米NRAの政治力 乱射事件が相次いでも規制進ます
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米NRAの政治力 乱射事件が相次いでも規制進まず

米国で乱射事件が起きるたび、二度と同じことがあってはならないと大勢が主張し、対策を求める。しかし、銃規制を強化しようとする法案は繰り返し、連邦議会で阻止されてきた。

米国最強の圧力団体「全米ライフル協会(NRA)」は長年、政界に巨額の資金をつぎこんできた。進まない銃規制はその成果だとも言われている。

ジョン・ソープルBBC北米編集長がNRA本部に取材を試みた。