警察犬お手柄 米カージャック犯をタックル
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

警察犬お手柄 米カージャック犯をタックル

米カリフォルニア州オレンジ郡で2月26日夜、仮釈放中の男性(37)が交通違反の取締中に警察車両から逃亡した後、一般人の車両を奪うカージャックをして逃げ続けた挙句、警察犬にタックルされて御用となった。

お手柄の警察犬「プスカス」(8つ)は、男をくわえて離さず、上下の前歯を失ったため、あごの手術を受けて27日に退院した。数週間ほど休養した後、また職務に復帰する予定という。

男も腕を負傷し、病院で手当てを受けた。

映像は、カーチェイスの一部始終を実況したNBCロサンゼルス提供