トランプ氏との不倫後に「脅迫受けた」=米ポルノ女優の証言
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

トランプ氏との不倫後に「脅迫受けた」=米ポルノ女優の証言

米ポルノ女優のストーミー・ダニエルズ(本名ステファニー・クリフォード)氏が、2006年にドナルド・トランプ氏と性的関係を持ち、後にそのことを黙っているよう脅されたと主張している。

25日夜に放送された米CBSテレビの報道番組「60ミニッツ」でクリフォード氏は、2011年にラスベガスの駐車場で脅迫された時の様子を語った。

駐車場で近づいてきた男はクリフォード氏に「トランプ氏から手を引け」と言い、その後クリフォード氏と一緒にいた幼い娘を見て、「母親の身に何か起きたら、とても残念だな」と付け加えたという。

一方、ホワイトハウスのラジ・シャー報道官は26日、「大統領は、クリフォード氏が昨晩行ったいかなる主張についても正確ではないと考えている」とコメント。

またトランプ氏の弁護士は、クリフォード氏が守秘契約を破ったとして2000万ドルの損害賠償を求めるとしている。