「イラン核合意離脱なら米国は後悔することになる」=ロウハニ大統領
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「イラン核合意離脱なら米国は後悔することに」=ロウハニ大統領

イランのハッサン・ロウハニ大統領は6日の演説で、米国がイラン核合意を離脱するなら後悔すると警告した。

ドナルド・トランプ米大統領は、核合意を放棄について5月12日までに決定する姿勢を示している。ロウハニ氏の発言は、トランプ政権のこうした動きに対するもの。