ウクライナで墜落のMH17、原因はミサイルとオランダ当局

Debris of MH17 in Donetsk region, eastern Ukraine. Photo: 17 July 2014 Image copyright EPA
Image caption ウクライナ東部ドネツクに墜落したマレーシア航空MH17。機体の残骸は反政府勢力が制圧したこの地域に広く散らばった(2014年7月17日)

昨年7月にウクライナ東部で298人が死亡したマレーシア航空機MH17の墜落について、オランダの安全委員会は、ウクライナ東部から発射されたロシア製の「ブク」ミサイルに破壊されたとする最終報告書を発表した。誰が発射したものかは特定していないが、ウクライナ軍と親ロシア派武装勢力が激しく戦闘中だった当時、ウクライナ東部上空は飛行禁止にすべきだったと指摘している。

墜落原因についてこれまで、欧米とウクライナは親ロシア派勢力がミサイルを発射したと批判してきたが、ロシアはウクライナ軍が発射したものだと反論している。

オランダ・アムステルダム発マレーシア・クアラルンプール行きだったMH17の乗員乗客298人のうち196人がオランダ国籍だった。今回の安全委の調査報告とは別に、オランダ主導の刑事捜査も行われている。

報告書は、操縦室にいた乗務員3人はミサイル爆発で即死したもようだが、他の乗員乗客がどの時点で死亡したかは不明で、機体が地面に激突するまでの1分半の間、意識をとどめていた人もいた可能性があるとしている。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
マレーシア航空機墜落――オランダ安全委の調査で分かったこと

操縦室の左上で地対空ミサイルが爆発

オランダのギルゼ・レイエン空軍基地で記者会見した安全委は、親ロシア勢力が掌握しているドネツク地方から回収した機体の一部を提示。ヤウストラ委員長は、破損の形状から、機体が内側から爆発したとは考えられず、また彗星や空対空ミサイルがあたった可能性も低いと指摘した。

委員長はその上で、地対空ミサイルが操縦室の左上で地対空ミサイルが爆発し、放出された数百の細かい金属片が操縦室をはじめ機体前方に構造的な損傷を与えたと考えられると結論。続いて機体の前方が千切れ、機体の残りも空中で分解し、尾翼部分が中央部より先に地面に墜落しただろうと説明。エンジンが搭載されている中央部はさかさまの状態で地面に激突し炎上したもようだと述べた。また機体の残骸は50平方キロにわたり散らばっていたという。

委員長は、機体を破壊したのは9M38M1型ミサイルに搭載された9N314M型弾頭で、ロシア製「ブク」地対空ミサイルシステムだと断定した。

報告書はさらに、現場や操縦室にいた乗務員の遺体から見つかった金属片は蝶ネクタイ型、あるいは立方体で、これは9N314M型弾頭でしか使用されていないものだと説明している。また機体内部で発見された金属片についていた塗料が、地面で発見されたミサイル破片の塗料と一致したという。

委員長は、当時はウクライナは東部上空を飛行禁止区域にするべき状況だったが、ウクライナはそれをしなかったと指摘。墜落当日、事故現場上空を160便が航行したという。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
Tjibbe Joustra, chairman of the Dutch Safety Board: "The plane broke up in the air"

<英語ビデオ>記者会見でMH17が空中分解した様子について見解を説明するオランダ安全委のヤウストラ委員長。

Image copyright Dutch Safety Board
Image caption 首のこの酸素マスクをかけたままの乗客の遺体もあり、衝撃と同時に即死したわけではないと推測できる(オランダ安全委員会提供)

国際的な飛行機事故の原因調査の決まりで、墜落原因の責任の所在を追及する権限は安全委にはない。

しかし記者会見のあと報道陣の質問に答えたヤウストラ委員長は、MH17を破壊したミサイルが発射された地域は親ロシア派勢力の支配下にあったと述べた。

ウクライナ政府と複数の欧米政府関係者は、問題のブクミサイルはロシアからウクライナ東部地域に運び込まれたものだと断定。オランダ主導の刑事捜査当局は、親ロシア勢力の支配地域でミサイルロンチャーが運ばれるところの写真を公表している。

Image copyright Dutch Safety Board
Image caption 操縦室の乗務員2人の遺体から見つかった弾頭の金属片(オランダ安全委員会資料)
Image copyright Dutch Safety Board
Image caption 弾頭と、弾頭内の金属片を3D印刷で再現したもの(オランダ安全委員会)

一方でロシアは、ウクライナ軍にまだ残っていた旧式の9M38型が使われた可能性もあるとオランダのこの報告内容に反論。ロシア軍ではすでに使われていないという。

「ブク」製造会社の責任者は「9M38M1型には『H』の形をした金属片は使用していない」と話している。

ロシアの専門家たちは、空対空ミサイルが使われた可能性を除外すべきではないと主張してきたが、オランダ安全委はこれを完全否定している。

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません