【米大統領選2016】トランプ氏は当選しない=オバマ大統領

オバマ大統領 Image copyright AP

オバマ米大統領は16日、実業家ドナルド・トランプ氏は11月の大統領選で当選しない、と述べた。大統領職が「真剣な仕事」だから、というのが理由だという。

オバマ大統領は、「トランプ氏が大統領にはならないと今も信じている。理由は、私がアメリカ国民を信用しているからだ」と語った。

不動産業で成功し巨額の資産を築いたトランプ氏は、共和党の候補として最も高い支持率を維持している。

トランプ氏は今月9日のニューハンプシャー州予備選で1位となっており、20日に予備選が実施されるサウスカロライナ州でも支持率でトップを走る。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
「トランプ氏は大統領にならない」 オバマ米大統領

米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議のためカリフォルニア州を訪れていたオバマ大統領は、トランプ氏について記者会見で質問を受け、大統領選の本選で有権者はトランプ氏を選ばないと言明。「大統領は真剣な仕事だと、国民は理解している」からだと述べた。

「トーク番組とかリアリティー番組の司会とは違う。プロモーションでもマーケティングでもない、大変な仕事だ。その日のニュースに話題になるためなら、何でもやる、何にでおもねると言うのとはわけが違う」

トランプ氏はこれを受けて、米国に大損害を与えた大統領に批判されるのは褒められるのと同じだとコメントした。

Image copyright Getty Images
Image caption トランプ氏は共和党からの立候補者の中で支持率トップを維持している

トランプ氏はかねてからオバマ大統領への批判を繰り返してきた。米国生まれの証明を大統領は提示すべきだと主張していた時期もあった。

大統領選に出馬した後も、議論を呼ぶ発言や政策提案でメディアの注目を集めてきた。1100万人に上る不法移民の強制送還や、メキシコとの国境での壁建設とその費用をメキシコが負担すること、イスラム教徒(ムスリム)の米国入国禁止を主張している。

共和党からの候補指名を争う上で、テッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)が最も強力なライバルだが、多額の選挙資金をつぎ込むジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事も、アイオワ州の党員集会やニューハンプシャー州予備選での苦戦を跳ね返そうとしている。

ブッシュ氏は16日、ツイッターで自分の名前が刻まれた銃の写真に「アメリカ」と言葉を添えてツイート。これが大きな話題になっている。

Image copyright Twitter
Image caption ツイートには「アメリカ」のひと言

ツイートの数時間後には、リツイート件数が1万5000件にのぼり、激怒したり、からかったりする反応が相次いだ。

米情報機関の機密を暴露しロシアに亡命したエドワード・スノーデン氏は、ブッシュ氏にツイッターのアカウント削除を求めた。

CNNの看板番組の元司会者で、銃規制の擁護で知られるピアース・モーガン氏は、ブッシュ氏のツイートを「ぞっとする」と非難した。

Image copyright Twitter
Image caption モーガン氏は「ジェブ・ブッシュ氏のツイートにぞっとしないまともなアメリカ人がいるだろうか。どうして怒らないんだ? 恥ずかしくないのか? 良心はどこにいったのか?」とツイートした

ブッシュ氏はこの日、サウスカロライナ州コロンビアで遊説中だった。銃製造会社FNマニュファクチャリングで取材に応じた後、問題のツイートは送信された。

米紙ワシントン・ポストはブッシュ氏のツイートについて、「サウスカロライナ州だけでなく南部全体で、(米憲法)修正第2条と武器所有の権利を重視する有権者に対して、(ブッシュ氏の)印象を良くする可能性がある」と指摘した。

一方、民主党は20日にネバダ州で党員集会が開かれる予定で、ヒラリー・クリントン前国務長官とバーニー・サンダース上院議員(バーモント州選出)が支持獲得を争う。党員集会では秘密投票ではなく、公開で支持を宣言する。

(英語記事 Donald Trump will not be president, says Barack Obama

この話題についてさらに読む