自転車レースでベルギー選手がバイクにひかれ死亡

バイクとの衝突で死亡したデモワティエ選手
画像説明,

バイクとの衝突で死亡したデモワティエ選手

フランス警察によると、ベルギーとフランスで27日に開催された自転車ロードレース「ヘント~ウェベルヘム」で、ベルギーのアントワーヌ・デモワティエ選手(25)が転倒した後にバイクにひかれ死亡した。

事故は、フランスを通過中の自転車数台が衝突した際に起きた。デモワティエ選手はリール市内の病院に搬送されたが死亡が確認された。

仏警察の広報担当者によると、デモワティエ選手の死亡に至った状況について捜査している。

元ベルギー王者のイェンス・デブシェール選手も、激しい衝突事故で脳震とうを起こし、病院に運ばれた。

総走行距離243キロにわたるレースは、スロバキアのペーター・サガン選手が制した。