中国「防空識別圏の権利ある」 南シナ海判決受け

中国が南シナ海で建設した人工島 Image copyright EPA
Image caption 中国が南シナ海で建設した人工島

中国外務省の劉振民次官は13日、同国が領有権を主張する南シナ海のほぼ全域で、防空識別圏(ADIZ)を設定する権利があると述べた。南シナ海の領有権問題をめぐっては、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が12日に、法的根拠がないとして中国の主張を退けたばかり。

中国はこれまでも、仲裁裁判所の判決を無視すると表明している。習近平国家主席は、中国が南シナ海の「領土主権と海洋権益」は仲裁裁判所の判決に「どのような形でも」影響を受けないと述べていた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
南シナ海判決に怒る中国

仲裁裁判所は、フィリピンが中国を相手取って起こした訴えについて、中国がフィリピンの主権を侵害しており、人工島の建設によって「サンゴ礁の環境を大きく損なっている」と判断を示した。

Image caption 中国が領有権を主張する海域を示す「九段線」(赤い点線)と国連海洋法条約に基づく各国の排他的経済水域/EEZ(青い点線)

中国政府が13日に仲裁裁判所の判決について出した文書は、あらためて中国の島などへの領有権と海洋権益を主張した。

同文書を発表した劉次官は記者団に対し、「われわれの安全保障が脅かされる場合には」、南シナ海で防空識別圏を設定すると述べた。

2013年に中国は、同様に領有権問題が存在する東シナ海でADIZを設定している。ADIZを通過する航空機は、フライト計画を提出するなど、一定の規定に従わなくてはならない。

劉次官は、「南シナ海に設定するかどうかは、脅威の度合で決まる」と語った。

同次官は、すべての国が「南シナ海の平和と安定を守り、戦争の原因になることがないよう、中国と協力すること」を期待すると述べた。

仲裁裁判所の判決には法的拘束力があるものの、裁判所は執行権限を持たない。

(英語記事 South China Sea: China 'has right to set up air defence zone'

この話題についてさらに読む