北朝鮮、弾道ミサイル3発を発射=韓国軍

今回発射されたとみられる「スカッド」ミサイルの模型
画像説明,

今回発射されたとみられる「スカッド」ミサイルの模型

韓国合同参謀本部によると、北朝鮮は19日午前5時45分から午前6時40分頃にかけて、弾道ミサイル3発を日本海に向けて発射した。

短距離型の「スカッド」とみられる弾道ミサイルは、西岸の黄州から発射されたという。弾道ミサイルの飛行距離は500キロから600キロで韓国全域を覆う。

北朝鮮は米韓合意を受けて、「物理的な対抗策を取る」と表明した。中国も、THAAD配置が地域の安定を損なうとして批判している。

北朝鮮は今年1月に4度目の核実験を行ったほか、国連安保理決議を無視する形で、ミサイル発射を繰り返している。