メキシコ地震 死者90人に

がれきの下に閉じ込められた生存者の捜索が9日も続いた(メキシコ・フチタン) Image copyright EPA
Image caption がれきの下に閉じ込められた生存者の捜索が9日も続いた(メキシコ・フチタン)

メキシコ南部沖で7日夜(日本時間8日午後)に発生したマグニチュード(M)8.1の大地震で、これまでに少なくとも90人の死亡が確認された。

メキシコ政府の報道官は南西部にあるオアハカ州だけで71人が死亡したと語った。

余震を恐れる多数の住民が、屋外で夜を過ごしているという。メキシコ国立地震学サービス(NSS)によると、余震の数は721回に上っている。

今回の地震は、メキシコを襲った地震としては過去100年で最大。8日にはメキシコ東部に熱帯低気圧「カティア」が上陸。豪雨による地滑りで2人が死亡した。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
M8.2の揺れに襲われたメキシコ南部オアハカ州の様子
Image copyright Reuters
Image caption 東部ベラクルス州のパラパでは熱帯低気圧による災害で複数の死者が出ている
Image copyright Reuters
Image caption カティア上陸による停電で多くの住民が影響を受けた
Image copyright AFP
Image caption 被災者に救援物資を配る女性たち
Image copyright AFP/getty
Image caption 地震の犠牲となったカシミロさん(85)の葬儀で
Image copyright AFP/GETTY
Image caption オアハカ州イスタルテペクでがれきの中から家財を探す人々
Image copyright AFP/GETTY
Image caption 犠牲者はオアハカ州に集中した
Image copyright AFP/GETTY
Image caption 支援物資を準備するボランティアの人々と緊急援助隊員たち

(英語記事 Mexico earthquake: Death toll rises to 90

この話題についてさらに読む