北朝鮮兵士脱北 北の捜索に韓国が警告射撃

DMZは世界で最も厳重な警備態勢が敷かれた場所の一つ Image copyright AFP/Getty Images
Image caption DMZは世界で最も厳重な警備態勢が敷かれた場所の一つ

北朝鮮の兵士が21日朝に非武装地帯(DMZ)を越え韓国側に逃亡した際、兵士を捜索する北朝鮮警備兵に向け韓国側が警告射撃していたことが明らかになった。

北朝鮮兵は午前8時過ぎ(日本時間同)にDMZを歩いて越境。韓国軍によると、兵士は濃い霧の中から姿を現したという。

韓国軍合同参謀本部のノ・ジェチョン広報室長によると、兵士は中西部にある検問所にやってきた。周辺は濃い霧に包まれ視程は100メートルと限られていたが、北朝鮮兵が検問所に近づく動きを監視装置が捉えていた。

ノ広報室長はさらに、脱北兵は拘束され「安全が確保されている」と付け加えた。当局は脱北に至った動機について調べていると付け加えた。

韓国国防省によると、脱北が発生した数時間後に軍事境界線を警備する北朝鮮兵士の一団が境界線に近づき、脱北した同胞を捜索しているようだったという。韓国軍の兵士は20発ほど警告射撃をした。

韓国の聯合通信によると、40分後に北から銃声が聞こえたが、境界線を越えた銃弾は見つかっていない。

先月13日には、北朝鮮兵がDMZにある板門店で共同警備区域(JSA)の韓国側に逃げ、北朝鮮からの発砲で5発を被弾するという、近年まれに見る劇的な亡命が起きている。

北朝鮮から韓国への亡命者は年間約1000人に上るが、DMZを通る亡命は非常に少ない。

DMZは世界の中で最も厳重な警備態勢が敷かれた場所の一つで、韓国と北朝鮮双方が有刺鉄線を張り巡らせ、監視カメラや電気柵、地雷を設置している。

(英語記事 North Korea defection: Soldier 'walked across DMZ in fog'

この話題についてさらに読む