65歳超の半数以上がもっとセックスしたいと=英調査

Elderly couple celebrate anniversary Image copyright Getty Images

65歳を超える英国人2002人を対象に調査したところ、52%がセックスが足りないと感じていることが分かった。さらに3割近くが、最初のデートでもセックスしてかまわないと思っているという。

英慈善団体「インディペンデント・エイジ」の調査では、75歳を超える人の10人に1人が、65歳になって以降、複数の性的パートナーがいたと答えているという。

調査によると、

  • もうセックスは十分経験したと答えたのは80歳以上の6人に1人だけだった
  • 65歳超の6人に1人が、セックスしなくなるとしたらその理由は、機会がないからだと答えた
  • 過去10年間に交際を始めた65歳超の人の4人に1人が、相手とはオンラインで知り合ったと答えた

「インディペンデント・エイジ」のルーシー・ハーマーさんは、周りが思う以上に高齢者の多くが性的に活発だと指摘する。ハーマー氏はBBCに、「65歳超になりつつある世代は、いわゆる団塊の世代です。セックスをやめるべきだなどと、誰にも言われたことがない人たちで、80~85歳の世代と比べるとセックスに対する態度がいくらか違うかもしれない」と話した。

「性生活にあまり触れず」

この意識調査ではさらに、65歳超の11人に1人が、新しい相手とセックスを始めるにあたって、性感染症対策を取っていないと答えた。

HIV/エイズ対策など性的健康の推進に取り組む英団体「テレンス・ヒギンズ基金」は、久々に独身になったり、後半生で性的に活発になった高齢者の中には、性感染症予防の知識がほとんどない人もいると指摘する。

同基金のデビー・レイコック氏は、「高齢者の性生活が話題に上ることが、まだほとんどない。性教育や健康な性生活の啓蒙というと、いまだに若者相手が中心だ」と話す。

「このせいで、健康な性生活や性感染症は、若者だけのテーマだという思い込みが生まれている。変化が必要だ」


「人生は楽しむべき」

Image copyright Getty Images

英南西部サマセットのデニス・アレンさん(84)は、4人目の妻ポーリーンさん(85)と2004年に結婚した。高齢だからといって自分たちのセックス・ライフは阻害されていない。

デニスさんによると、夫妻は毎週2回は性的に活発だという。

「その気があるなら、人生は楽しむべき。自分の賞味期限がいつなんどき、切れてしまうか分からないのだから」

デニスさんによると、自分とポーリーンさんはお互いにとって魅力的な存在であり続けたいと願い、意識して日々運動して外見を保つように努力している。

「率直に言って、自分が若い女性で、自分のだんながでっぷりビール腹を突き出して、たばこをくわえてそこに座っていたとしたら、どう思います? すてきだなと思う?」とデニスさん。

「僕の妻はいつもでも、すごく素敵です。ぴしっとした身なりじゃないと外に出ないし、僕もぴしっとした身なりじゃないと外に出させてもらえない」


バレンタイン・デーにあわせて「インディペンデント・エイジ」は、後半生に豊かな恋愛関係を築くためのヒントをいくつか提供している。

  • パートナーに自分の気持ちを伝えて、相手の目線で物事を見るようにする
  • お互いが性的に何を望んでいるか、パートナーに伝える
  • 自分の体に自身を持つ
  • いろいろ試してみる。たとえば人によっては、同性愛体験を初めて経験してみるなども含む
  • 性感染症に気をつけて、安全なセックスを心がける

(英語記事 Majority of over-65s would like more sex, survey finds

この話題についてさらに読む