【フロリダ高校乱射】 生徒たちがワシントンで行進へ 「転換点に」

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
「恥を知れ」 NRA寄付受ける政治家に銃撃被害の米高校生

米フロリダ州パークランドの高校で17人が死亡した14日の乱射事件を受けて、銃規制の強化を強く求める高校の生徒たちが18日、3月24日にワシントンで抗議の行進を実施すると発表した。生徒たちは週末にかけて集会などで、銃規制強化に及び腰な政治家たちを「恥を知れ」と強く非難し、今回の事件が「転換点」にならなくてはならないと主張している。

元生徒による乱射で生徒と教職員を合計17人失ったマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒たちは18日朝、米テレビ各局に出演し、3月24日にワシントンで「私たちの命のための行進」を実施すると発表した。生徒たちは、米国の議員たちが銃ではなく子供や家族を最優先するよう訴える方針。同じ日に全米各地で同様に行動して欲しいと呼びかけた。

事件を経験した生徒、キャメロン・キャスキーさん(17)は、「大人たちが適当にふざけてる間に、僕たちは命を落としている」と非難した。他の生徒たちも、自分たちの高校を襲った悲劇を米国の銃規制の転換点にするつもりだと強調した。

17日には、高校に近いフォート・ローダーデールで高校の生徒や保護者たちが集まった集会で、生徒のエマ・ゴンザレスさん(18)が登壇し、銃所有権を強力に推進する圧力団体「全米ライフル協会(NRA)」から巨額の寄付金を受け取っている政治家たちを、「恥を知れ!」と痛烈に罵倒した。

乱射が続く間、学校の講堂の床に伏せて隠れていたというゴンザレスさんは、「NRAから寄付を受けている政治家全員に、恥を知れ!」と告げた。集まった人たちも口々に、「恥を知れ!」と繰り返した。

ゴンザレスさんは涙を拭きながら、「もし大統領がここに来て私に面と向かって、ひどい悲劇だった、こんなことはあってはならないと言いながら、でも何も対応はしないんだと言おうものなら、私は全米ライフル協会からいくら受け取ったのか、喜んで聞いてやる」と批判した。

「でももう知ってるから、かまわない。3000万ドル!」とゴンザレスさんは続けた。

ドナルド・トランプ米大統領の陣営は2016年米大統領選でNRAから2000万~3000万ドルの寄付を受け取ったとされている。

政治献金を監視する米市民団体「 Center for Responsive Politics」によると、NRAは2016年米大統領選でトランプ氏支持のために1140万ドルを使い、ヒラリー・クリントン氏批判のために1970万ドルを使ったという。

17日の生徒たちの集会と同日、同じフロリダ州のデイド郡ではNRAによる銃の展示即売会が開かれた。中止の呼びかけもあったが、数百人が集まった。

Image copyright Reuters
Image caption 事件のあった高校の生徒たちは「祈りや追悼だけでは足りない! 政府関係者は行動を起こして! それをしないなら辞めろ!」などと声高に訴えた(17日、フロリダ州)

<関連記事>


米国では長年、憲法修正第2条が保障する「武器の保有権」とその解釈をめぐり、激しく議論されている。

トランプ氏は昨年、NRAの集会でこの権利に「決して」抵触しないと公言している。

14日の高校乱射事件を受けて最初の演説で、トランプ氏は精神医療の問題の重要性を主張するも、銃規制の問題には触れなかった。事件後に最初に銃規制に触れたツイートでは、「オバマ政権で民主党が上下両院を押さえていた間に、どうして銃規正法を通さなかったんだ。その気がなかったからだ。今は話をするだけだ!」と民主党を批判した。

トランプ氏はさらに、連邦捜査局(FBI)がニコラス・クルーズ容疑者(19)について問題行動の情報を得ていながら十分に対応しなかったと認めた件を受けて、「フロリダ乱射犯が出していたいくつものサインをFBIが全部見逃したのは、とても残念だ。容認できない。トランプ陣営とロシアが結託していたと証明しようと、FBIはそっちにかまけすぎている。結託はなかった。基本に立ち返って、みんながFBIを誇りに思えるようにしてくれ」とツイートした。

FBIは16日、クルーズ容疑者に近い人物が今年1月5日の時点でFBIの通報窓口に、「容疑者が銃を所有し、殺人欲求を示し、とっぴな行動をとり、ソーシャルメディアに不穏な投稿を繰り返していることや、学校乱射事件を起こす可能性」を通報していたことを明らかにした。FBIはこの通報について、人命への脅威と受け止め、フロリダ州マイアミの現地支局に伝達すべきだったが、「決まったその手順に従っていなかった」と認めた。

フロリダ州のリック・スコット州知事(共和党)は、FBIのクリストファー・レイ長官の辞任を要求した。

米メディアによると、今年1月のこの通報以前にも容疑者は、昨年9月にYouTubeに「プロの高校銃撃犯になる」と書き込んだ。ミシシッピー州在住の男性が警察に通報したが、FBIはその後の対応が不十分だったと認めた。2016年には、会話アプリ「スナップチャット」に自傷行為を示す画像を投稿したため、地元警察や児童家庭サービス省が調べた。その時点で銃の購入を検討していることが判明したが、すでに適切な支援を受けていると当局は判断したと、報道されている。


事件で犠牲になった生徒と教職員の合計17人は次の通り――。

  • アリッサ・アルハデフさん(14)
  • アライナ・ペティーさん(14)
  • アレックス・シャクターさん(14)
  • マーティン・ドゥーク・アンギアーノさん(14)
  • ジーナ・モンタルトさん(14)
  • ジェイミー・グッテンバーグさん(14)
  • カラ・ロウランさん(14)
  • ルーク・ホイヤーさん(15)
  • ピーター・ワンさん(15)
  • カーメン・シェントラップさん(16)
  • ホアキン・オリバーさん(17)
  • ニコラス・ドウォレットさん(17)
  • ヘレナ・ラムジーさん(17)
  • メドウ・ポラックさん(18)
  • スコット・ビーゲルさん(35)
  • アーロン・フェイスさん(37)
  • クリストファー・ヒクソンさん(49)

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
【フロリダ高校乱射】 「同じクラスの子が5人撃たれた」 2人の話
Image caption 1999年以降に米国で起きた学校乱射事件のうち、死者数が多い上位6件

(英語記事 Florida school shooting: Students to march on Washington

この話題についてさらに読む