イスラエルのポーランド大使館でかぎ十字の落書き 首相発言の翌日

ポーランド大使館の落書きについてイスラエル警察が捜査を開始している Image copyright Reuters
Image caption ポーランド大使館の落書きについてイスラエル警察が捜査を開始している

イスラエルのテルアビブで18日、ポーランド大使館の門などに第2次世界大戦時のナチス・ドイツを象徴するかぎ十字の落書きが見つかった。前日には、ポーランドのマテウシュ・モラウィエツキ首相が、ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)に協力したユダヤ人もいたと発言し、イスラエルが激しく非難していた。

大使館施設ではこのほか、ののしり言葉や「殺人者」と書かれた落書きも見つかり、テルアビブ警察が捜査を開始した。

モラウィエツキ首相はその後、報道官を通じ、「ナチス・ドイツが行った大量殺人」の責任をユダヤ人犠牲者たちに負わせる意図はなかったと釈明した。

ポーランドでは今月、ポーランド国民あるいは国家がナチスの犯罪の共犯者だったと非難することを禁じる法律が成立している。法律はアンジェイ・ドゥダ大統領の署名によって成立しているものの、妥当性について憲法裁判所に判断が求められている。

ポーランド大使館で何が起きたのか

18日に、ポーランド大使館の門や掲示板に、かぎ十字やポーランド人を嘲笑する下品な言葉がマーカーペンで書かれているのが明らかになった。犯行を名乗り出た人物は現時点でいない。

テルアビブの当局者は、警察による捜査が始まっていると語った。

モラウィエツキ首相の発言

モラウィエツキ首相の発言は、ドイツ・ミュンヘンで開かれていた国際シンポジウム「ミュンヘン安全保障会議」に出席した際のもの。

Image copyright Getty Images
Image caption ポーランドの首相府は後で首相発言について釈明した。写真は安保会議で記者会見に臨むモラウィエツキ首相(17日、ドイツ・ミュンヘン)

ポーランドでの新法について、ポーランド人のナチス協力者がいたと発言した場合にも犯罪に問われるのかと、イスラエルのジャーナリストから質問を受けた同首相は「まずこれを理解しておいてもらうのが重要だが、もちろん、ポーランド人の犯人がいたと言うのは犯罪にならない。ユダヤ人の犯人もそうだし、ロシア人の犯人もそう、ウクライナ人もそうだ。(中略)ドイツ人の犯人だけではない」と語った。

イスラエルの反応

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は17日、モラウィエツキ首相の発言について「言語道断」だとし、「歴史を理解する能力に欠けている」と批判。18日にはモラウィエツキ首相と電話会談し、発言内容について意見交換を行った。

イスラエル首相府によると、ネタニヤフ首相は電話会談で、「ホロコーストの目的はユダヤ人を破滅させることで、すべてのユダヤ人への死刑宣告だった」と指摘したという。「彼(ネタニヤフ首相)はポーランド首相に対し、ポーランドに関する真実の歪曲(わいきょく)は、別の歪曲で修正できるわけではないと伝えた」。

一方、ポーランド政府のヨアンナ・コプチンスク報道官は、モラウィエツキ首相の発言は「ホローコストの否定、あるいはナチス・ドイツが行った大量殺人の責任をユダヤ人犠牲者に負わせるものではない」と述べた。

ポーランドの新法

新法は、「ポーランド国民あるいはポーランド国家が、ドイツ第三帝国によって行われたナチスの犯罪に責任がある、もしくは共犯者だったと、事実に反して公に非難する者は誰でも(中略)罰金刑あるいは3年以下の禁錮刑に処す」としている。

Image copyright Getty Images
Image caption ポーランドは長年、ポーランド国家が何らかの形でホロコーストの責任を負っていると示唆するような表現に抗議してきた。

しかし、「芸術的あるいは科学的な行為としてであれば、犯罪に問われない」との条件を付け加えている。

ポーランドは長年、アウシュビッツなどのユダヤ人強制収容所について、ポーランド国家が何らかの形で責任を負っていると示唆する「ポーランドの強制収容所」などとの表現に抗議してきた。これらの強制収容所は、ナチス・ドイツがポーランドに侵攻した1939年以降に建設・運営されたからだ。

しかし、新法でことさらに論争になっているのは、個々のポーランド人にナチス・ドイツへの協力者がいたと発言するのも禁じられるのかという点だ。歴史家たちは、協力者がいた明白な証拠があると指摘する。

イスラエルは新法に激しく怒り、ネタニヤフ首相は、新法は歴史を修正し、ホロコーストを否定しようとするものだと語った。

第2次世界大戦で起きたこと

ポーランドがナチス・ドイツに侵略・占領された際に、ホロコーストで殺害されたユダヤ人300万人を含む多くの市民が殺された。ホロコーストの犠牲になったユダヤ人は全体で600万人に上る。

ユダヤ人の命を救ったとしてイスラエルによって表彰されたポーランド人の数は、ほかのどの国よりも多い。

しかしその一方で、ユダヤ人が隠れている場所を報奨目当てで密告するなどしたナチス協力者がいたと、歴史家たちは指摘する。ポーランド人が集団で同じ地域に住むユダヤ人数百人を殺害したイェドバブネ事件(1941年)を含め、ナチス・ドイツの扇動で起きたポーランド人による大量虐殺の事例も、複数記録されている。

(英語記事 Israel-Poland spat: Swastikas drawn on Polish embassy in Tel Aviv

この話題についてさらに読む