豪で未登録銃5万7000丁以上回収 自主提出呼びかけ

今回の武器の自主提出にはロケット発射筒が含まれていた Image copyright AUSTRALIAN GOVERNMENT
Image caption 今回の武器の自主提出にはロケット発射筒が含まれていた

オーストラリア政府は1日、未登録の銃を自主提出した場合には罪に問わないとする措置を、昨年7月から3カ月にわたって実施した結果、5万7000丁以上を回収したと発表した。

今回の措置は、1996年に南部ポート・アーサーの観光地で男が銃を乱射し35人が死亡した同国史上最悪の乱射事件を受けて、未登録銃を自主提出を促す措置を96年と97年に実施して以来のもの。

アンガス・テイラー法執行担当相は1日、「未登録銃を街中からなくすことで、罪のないオーストラリア市民の命を危険に陥れる犯罪者の手に渡らないようにする」と述べた。

同国政府は不法な銃の流入やテロの懸念の高まりを受けて、自主提出を呼びかける措置を取った。

オーストラリアで未登録の銃を所有していた場合、最大28万オーストラリアドル(約2300万円)の罰金および最大14年の禁錮刑を受ける可能性がある。

今回自主提出された銃には、自動小銃2500丁近く、拳銃2900丁、ごみ置き場で見つけたとみられるロケット発射筒が含まれる。

警察の推計では、国内の闇市場で最大26万丁の銃が取引されており、その一部は組織犯罪や最近起きたテロで使用された。

(英語記事 Australians turn in 57,000 guns in national amnesty

この話題についてさらに読む