英極右団体の代表ら、宗教的差別で実刑判決

フランセン被告(左)とゴールディング被告(右)は共に罪状を否認していた Image copyright PA
Image caption フランセン被告(左)とゴールディング被告(右)は共に罪状を否認していた

英国のフォークストーン治安判事裁判所は7日、英極右団体「ブリテン・ファースト」のポール・ゴールディング代表(36)とジェイダ・フランセン副代表(32)に対し、宗教に関するハラスメント(嫌がらせ)でそれぞれ懲役18週間、36週間の実刑判決を言い渡した。2人はムスリム(イスラム教徒)男性ら4人が有罪となった強姦裁判中に、扇動的なリーフレットやビデオを広めた罪で起訴されていた。

2人は計7件の罪に問われていたが、フランセン被告はうち3件、ゴールディング被告は1件で有罪となった。両被告は7件全てについて容疑を否認していた。

1月に行われた公判では、カンタベリー刑事法院でムスリム男性3人と未成年1人が強姦罪で有罪となった裁判中、両被告がこの裁判と関連があると思った人々を標的に嫌がらせを行っていたことが明らかになった。2人は暴言を撮影し、ブリテン・ファーストのウェブサイトを通じてソーシャルメディアに投稿。また、強姦事件の被告が住んでいた地域の家庭に攻撃的なリーフレットを投げ入れていた。

ムスリムに対する「敵意」

フォークストーン治安判事裁判所のジャスティン・バロン裁判官は2人について、「よく知られて」おり、「論争を引き起こし」、「自分たちを有名にしようとした」と語ったが、判決は「公判で明らかにされた事実のみ」を基に下されたとしている。

また、彼らの言動はムスリムとその信仰について「敵意を示した」とコメント。「(カンタベリーでの)裁判に関する事実を、自らの政治的野心に利用しようとしたことは明確。この事件の被告らの人種や宗教、移民といった背景が注目されるようなキャンペーンを行った」と述べた。

フランセン被告とゴールデン被告は共に、昨年5月にラムズゲートのピザ店で行った宗教に関する嫌がらせで有罪となった。この事件でフランセン被告は店の窓や扉を叩き、「外国人」「小児性愛者」といった暴言を叫んだ。

個別の罪状では、両被告はそれぞれ罪のない一般の人を標的にしていた。フランセン被告は、ケントのとある家に強姦事件の被告の1人が住んでいると勘違いし、その家を訪問した件で有罪となった。また、この事件の別の被告の家の前で人種差別的な暴言を浴びせたことでも有罪となった。この家には当時、被告の妊娠中のパートナーがいた。

Image copyright PA
Image caption ブリテン・ファーストの支援者と共に裁判所に到着した両被告

これらの罪状に対しフランセン被告は、自分は人種差別主義者ではないと証言。性的暴行で有罪となった人々に対する抗議を行っていたと主張した。同被告は、判決文を読み上げる裁判官を遮り、「今日は英国の正義にとって悲しい日だ。私がやったことはすべて、この国の子供たちのためで、彼らはそれに値する存在だ」と述べた。

ゴールディング被告は、フランセン被告のカメラマンとして立ち会っていたと証言している。

ブリテン・ファーストの支援者は傍聴席を立ち去る際に裁判所のスタッフや報道関係者に暴言を浴びせ、「降伏しない」と叫んだ。

(英語記事 Britain First leader and deputy leader jailed for hate crimes

この話題についてさらに読む