【元ロシア・スパイ】英政府、ロシアの外交官23人を国外追放

外交官23人の国外追放について説明するメイ英首相
Image caption 外交官23人の国外追放について説明するメイ英首相

テリーザ・メイ英首相は14日、駐英ロシア外交官23人を国外追放すると発表した。英南西部ソールズベリーで今月4日にロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリアさん(33)にロシア製の神経剤が使われたとされる殺人未遂事件に関して、ロシア側が説明を拒否したことを受けての措置。今回の国外追放は、1985年に元ロシア将校オレグ・ゴルディエフスキー氏の亡命後に31人が追放されて以降、最大規模となる。

メイ首相はロシアに対し、13日深夜までにこの件に関して協力するよう求めていた。この期限が守られなかったため、ロシアへの「明確なメッセージ」となるさまざまな措置を発表した。

  • 外交官23人を国外追放
  • 民間航空機や税関、貨物に対する検査を拡大
  • 英国民や在英外国人の生命や資産を脅かす可能性のあるロシアの国有資産を凍結
  • 今年ロシアで開催されるサッカー・ワールドカップ(W杯)への英国王家や閣僚の不参加
  • 予定されていた政府高官レベルの英露間協議の延期
  • 「敵対国の活動」に対する新法策定

追放する外交官についてメイ首相は、「未申告の情報将校」と確認されたとしている。出国までに1週間の猶予が与えられている。

メイ首相は下院で、なぜ英国で神経剤が使用されるに至ったのか、ロシアは「何の説明もしなかった」と述べ、ロシア側の対応を「皮肉と軽蔑、軽視」の一種だと批判した。その上で、英国でロシア製の神経剤が使用されたことは「違法の武力行使」に相当すると非難。攻撃について「ロシア国家に非があるという以外の結論はない」と強調した。

また、ウラジーミル・プーチン露大統領が「このような行動を選んだ」ことは「悲劇だ」としている。

ロシア側は疑惑を否定しており、相応の措置を取るとしている。

ロシア外務省はメイ英首相の発表を「前例にないほど無礼な挑発」だと批判。声明で、英国が「あらゆる敵対的措置」で「相当に凶悪な」外交関係を求めてきたことは「断固として受け入れられず、その価値もない」としている。

セルゲイ・ラブロフ露外相は先に、英国から化学兵器禁止条約に基づいた正式な要請を受ければ、協力する用意があるとしていた。この条約では、回答までに10日間の猶予が与えられる。

メイ首相は米国や北大西洋条約機構(NATO)加盟国、欧州連合(EU)加盟国からの支援を歓迎している。

「これは単なるソールズベリーでの殺人未遂事件にも、英国に対する敵対行動にも留まらない」、「これは化学兵器使用禁止への侮辱だ」などと首相は強く非難した。

Image copyright EPA/ Yulia Skripal/Facebook
Image caption スクリパリ氏(左)と娘のユリアさんはなお重体で入院している

英政府はさらに国連安全保障理事会で、ロシアが「戦時の使用さえ認められていないほど恐ろしい兵器」を英国の「平和な」街で使ったと報告した。

英国のジョナサン・アレン国連大使は、ロシアが化学兵器禁止条約に違反したと非難。ロシアによる脅しの発言を聞いたものの、英国が屈することはないだろうと話した。

「国連安保理に参加する圧倒的多数の国が共有している価値観を、我々は支持している。皆さんには本日、その英国を支持していただきたい」と大使は他の安保理理事国に呼びかけた。

アレン大使はさらに、独立査察機関の化学兵器禁止機関(OPSW)にソールズベリーで使用された化学物質の特定を依頼していることも明らかにした。

これに対してロシアのワシーリー・ネベンジャ国連大使は、事件へのロシアの関与を否定。英国に、疑惑を裏付ける「決定的な証拠」を出すよう求めた。

ネベンジャ国連大使は「ロシアは最後通牒を突きつけられ、24時間以内に罪を犯したことを認めろと言われた。つまり、自白を求められたわけだ」、「我々は最後通牒の物言いを好まないし、そのような物言いを他者に使ったりしない。そのような物言いを自分たちに向けられるなど許さない」と反発した

米国のニッキー・ヘイリー国連大使は、米国は英国と「徹底して連帯する」と発言。両国の「特別な関係」にも言及し、英国に「常に寄り添う」と述べた。

Image copyright PA
Image caption 英南部ドーセット州ギリンガムでは兵士たちが防護服を着て捜査対象車両の回収作業に当たっている

スクリパリ氏とユリアさんは、ソールズベリーにあるショッピングセンターの外のベンチで倒れているところを発見された。2人を真っ先に助けようとしたニック・ベイリー刑事巡査部長は重体で入院したままだが、快方に向かっているという。

スクリパリ氏はロシアの退役情報将校で、英情報部MI6に機密情報を提供していた罪で2004年にロシアで有罪となったが、スパイ交換によって釈放され、2010年から英国で生活していた。

警察と英陸軍は捜査の一環として、英南部ドーセット州北部のギリンガムで一部の地域を封鎖した。ソールズベリーには陸軍兵士180人が派遣され、対象地域で車などの撤去に当たっている。

スクリパリ氏とユリアさんが倒れる直前に訪れたイタリア・レストラン「ジッジ」のチェーン店やソールズベリーのパブ「ザ・ミル」は今も閉鎖されている。

イングランドとウェールズ各地の15警察組織が、捜査応援に警官を派遣している。。

(英語記事 UK to expel 23 Russian diplomats

この話題についてさらに読む