マレーシア国旗を「IS」と勘違い 米で訴訟に発展

マレーシア国旗は米国旗と似ているが、月と星があしらわれている Image copyright Getty Images
Image caption マレーシア国旗は米国旗と似ているが、月と星があしらわれている

米カンザス州の従業員団体がマレーシア国旗を過激派組織「イスラム国」のシンボルと間違えた上、同国旗を掲げた会員から権利をはく奪したとして、アメリカ自由人権協会(ACLU)カンザス支部がこの従業員団体を提訴した。ACLUは、「人種差別と露骨な宗教差別」と非難している。

提訴されたのは航空業界の従業員団体、スピリット・ボーイング従業員協会。この会に所属するムスリム(イスラム教徒)でマレーシア国籍のムニール・ザニアル氏は昨年9月、マレーシアの独立記念日とラマダン(断食月)の終わりを記念して、協会が所有する施設を借りてパーティーを主催した。

パーティーにはインド系、マレーシア系の人々が参加したほか、ヒジャブを着用した女性も参加していたという。

だが協会の職員の一人が、参加者が「米国旗にイスラム国のシンボルを重ねたもの」を掲げているとして連邦捜査局(FBI)に通報。後に、この旗がマレーシア国旗だったことが判明した。

FBIは翌10月に捜査を打ち切ったものの、協会はその後も興信所を雇って調査を続け、ザニアル氏に通達せずに同氏の施設貸借権をはく奪した。

露骨な宗教差別

ACLUカンザス支部のトップは「誰かを外見や伝統行事からテロリストと断定するのは恥ずべきこと。さらにその間違いを露骨な宗教差別の根拠として使い続けるのは、たとえFBIが否定しているとしてもなお非難に値する」と強く批判している。

一方、スピリット・ボーイング従業員協会はコメントを控えている。

(英語記事 Malaysian flag reported as 'IS symbol'

この話題についてさらに読む