米CIA長官、金正恩氏と直接会談 トランプ大統領認める

Mike Pompeo's (left), Kim Jong-un and Donald Trump Image copyright Reuters
Image caption ポンペオCIA長官(左)は金委員長とトランプ大統領の会談の地ならしのために訪朝したという

実現すれば歴史的となる米朝首脳会談の準備のため、米中央情報局(CIA)のマイク・ポンペオ長官が平壌で金正恩・朝鮮労働党委員長と会談していたと、ドナルド・トランプ米大統領が18日、ツイッターで認めた。複数メディアが17日に伝えていた。トランプ氏は17日、フロリダ州にある自分のリゾート「マール・ア・ラーゴ」で日本の安倍晋三首相と会談し、記者団に北朝鮮と「非常に高いレベル」で直接対話をしたと述べていた。

トランプ大統領はツイッターで18日朝、「マイク・ポンペオが先週、北朝鮮で金正恩と会った。会談はとてもなめらかに進んで、良い関係が築けた。首脳会談の詳細はいま調整中だ。非核化は世界にとって最高なことになるだけでなく、北朝鮮にとってもだ!」と書いた。

米紙ワシントン・ポストとロイター通信によると、ポンペオ長官と金委員長の会談は3月31日から4月1日にかけての復活祭の週末に行われたという。ワシントン・ポストは「事情を直接承知している」2人の消息筋の話として、ポンペオ氏が国務長官に指名されて間もなく訪朝したと書いている。

報道に先立ち、トランプ大統領はマール・ア・ラーゴで記者団を前に、北朝鮮と「非常に高いレベル」で「直接対話」をしたと話していた。さらに、米朝首脳会談の開催候補地として5カ所が検討されていると述べた。

米朝首脳会談が実現すれば、現職の米国大統領が北朝鮮の最高指導者と直接会談するのは初めてのこととなる。

トランプ氏は、会談の日程は6月初めか「その少し前」になると話した。

大統領はさらに、今月27日に予定される南北首脳会談で、両国が朝鮮戦争以来の戦争状態を正式に終わらせる平和条約を締結できるよう、良い結果を願っていると話した。

<おすすめ記事>

米国と北朝鮮の間には正式な国交がないため、両政府間のやり取りは通常、ニューヨークの国連代表団など他の外交ルートを通じて行われる。ポンペオ長官と金委員長の会談は、2000年に当時のマデリン・オルブライト国務長官が平壌で、当時の最高指導者、金正日氏と会談して以来の、高官会談にあたる。

首脳会談の候補地としては、北朝鮮と韓国の間の軍事境界線や北京、他のアジアの国、欧州などが専門家の間で挙げられている。公海上の船舶という意見も出ている。

Image copyright Reuters
Image caption 記者団を前に握手する安倍首相とトランプ米大統領(17日、フロリダ州パームビーチ「マール・ア・ラーゴ」)
Image copyright AFP
Image caption マール・ア・ラーゴで記者団を前にする日米首脳と、サラ・サンダース大統領報道官(左)

日本では、米朝首脳会談の実現にあたり、日本が蚊帳の外に追いやられるのではないかとの懸念が出ている。

しかし、記者団を前にしたトランプ氏と安倍氏はなごやかな様子で、笑顔で握手をかわしていた。

さらにトランプ氏はこの日の記者会見で、米国と日本は「北朝鮮について、とても一致している」と強調し、米朝会談では日本にとって重要な懸案事項の拉致被害者問題にも言及すると言明した。

これに対して安倍氏は、北朝鮮が態度を軟化させているのはトランプ氏が昨年、強硬姿勢を貫いたからだと称えた。

北朝鮮は昨年、核・ミサイル実験を繰り返し、トランプ大統領とは激しい非難の押収が続いたものの、今年元日からは金委員長が融和姿勢を示し、韓国・平昌での冬季五輪参加や高官級会談と続いた。今月27日には2007年10月以来3回目の南北首脳会談が、軍事境界線にある板門店で開かれる予定。

こうした融和ムードのなか、安倍氏の今回の訪米目的のひとつは、米朝会談にあたってこれまでの欧米の強硬路線から離れないようにとトランプ氏に働きかけることだと、複数の専門家は指摘する。

トランプ氏の当選直後に外国首脳として真っ先にトランプ・タワーを訪れた安倍氏が、マール・ア・ラーゴを訪れるのは2度目。前回に続き今回も、共通の趣味のゴルフを共にする見通し。

安倍氏もトランプ氏も、国内で様々な問題を抱えているだけに、この首脳会談は息抜きになるものとみられる。安倍氏はいわゆる「森友・加計問題」で縁故主義の批判にさらされている。トランプ氏は、2016年大統領選に関するロシア疑惑捜査や、ポルノ女優に不倫関係の口止め料を払ったとされる疑惑などが、連日報道されている。さらに、トランプ氏に解任された前連邦捜査局(FBI)長官が回顧録発表を機に、痛烈なトランプ氏批判をマスコミで重ねている。

(英語記事 Mike Pompeo, CIA chief, met with North Korean leader Kim Jong-un - reports

この話題についてさらに読む