英連邦の次の首長はチャールズ英皇太子に決定 女王の強い意向

チャールズ皇太子、スコットランド女男爵、テリーザ・メイ英首相らとともに英連邦加盟各国の首脳との夕食会に到着したエリザベス英女王 Image copyright PA
Image caption チャールズ皇太子、スコットランド女男爵、テリーザ・メイ英首相と共に英連邦加盟各国の首脳との夕食会に到着したエリザベス英女王(19日、ロンドン・バッキンガム宮殿)

英連邦加盟国の首脳は20日、53カ国の連合体の次期首長について、チャールズ英皇太子がエリザベス英女王の地位を継承すると決定した。

2年に1度の首脳会議は19日、ロンドンのバッキンガム宮殿で開幕。その後、加盟国首脳はロンドン郊外のウィンザー城に集まり協議していた。46カ国の首長と7カ国の外相が出席した。

英連邦首長の立場は世襲制ではなく、エリザベス英女王から自動的に息子のチャールズ皇太子に移譲されるものではなかったが、女王は開幕に際して、皇太子が「いつの日か」首長の地位を引き継いでくれることが「切なる願い」だと述べていた。

BBCのジェイムズ・ランデイル記者によると、加盟国の間で首長職を持ち回り制にすべきという案も出ていた。

Image copyright EPA
Image caption ウィンザー城に集まった英連邦加盟国の首脳たち

首脳会議閉幕の記者会見で、テリーザ・メイ英首相は、英連邦を当初の8カ国から53カ国に成長させた女王の「ビジョンと義務感」を称えた。

メイ首相はさらに、「40年以上にわたり」英連邦を「誇り高く支援してきた」チャールズ皇太子が、女王の後継者として連邦首長になるのは「ふさわしいこと」だと述べた。

英連邦の首長職は主に象徴的な役職で、決まった任期はない。加盟53カ国を連帯させ、貿易や国際協力を通じて連邦の目的実現を確保するのが役割で、各国のつながりを促進するために自ら定期的に加盟国を訪問する。

Image copyright EPA
Image caption バッキンガム宮殿の舞踏会場に英連邦各国の首脳が集まった

エリザベス女王は首脳会議開催にあたり、「皆さんをお迎えするのは大きな喜びで、大変光栄なこと」だと挨拶し、「連邦の結びつきの発展を、誇らしく満足して見ている」と語った。

首長職の継承については、「英連邦が引き続き未来の世代に安定と一貫性を与えてくれること、そしてウェールズ公(チャールズ皇太子)がいつの日か、私の父が1949年に始めたこの重要な仕事を引き継いでくれること、これが私の切なる願いだ」と述べた。

Image copyright Getty Images
Image caption 1966年にカリブ海の英連邦諸国を訪問したエリザベス女王

2日間の首脳会議ではこのほか、海洋保護や気候温暖対策、オンラインの犯罪や脅威と戦うサイバーセキュリティ、加盟国間貿易などについて合意した。

メイ首相によると、貿易については連邦内貿易を2030年までに2兆ドル規模に拡大するため、「保護貿易主義と戦う」ことで各国首脳は同意したという。

さらに、連邦として暴力的な過激主義や人身売買と戦い、2023年までに連邦内のマラリア発生を半減させるほか、2030年までに連邦内の全児童が少なくとも12年間の義務教育を受けられるようにすると合意した。

Image copyright Reuters
Image caption エリザベス女王に挨拶するカナダのジャスティン・トルドー首相

英連邦53カ国には約24億人が暮らす。しかし、加盟国の構成はあまりに多岐にわたるため、「いったい何のための連邦なのか」本人たちも分かっていないという批判の声もあると、BBCのジョニー・ダイモンド王室担当編集委員は指摘する。

バッキンガム宮殿の大広間での開会式では、歌手のエミリー・サンデさんが英国の事実上の国歌「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン(神よ、女王を守りたまえ)」を歌った。英国国歌は、英連邦の多くの国でも国歌として歌われている。

Image caption ザンビア人の父を持つエミリー・サンデさんが開会式で「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」を歌った

白人農場の強制徴用や対抗勢力の強権的取締りを理由に、英連邦の加盟資格を停止され、2003年に連邦を離脱したジンバブエについては、英政府は再加入を歓迎すると表明した。

37年間に及んだムガベ政権が昨年11月に終わり、エマーソン・ムナンガグワ新大統領のもとで「見事な前進」を見せていると、ボリス・ジョンソン英外相は称賛。ただし、7月に「自由で公平な選挙」を確実に実施する必要があると強調した。

次回の英連邦首脳会議は2020年、ルワンダで開かれる。

Image caption ウィリアム王子とハリー王子も開幕式に出席した
Image copyright Reuters
Image caption バングラデシュで3期目の首相を務めるシェイク・ハシナ氏は、他の女性首脳と共に女王を囲んだ

(英語記事 Prince Charles to be next Commonwealth head

この話題についてさらに読む