英国の新しい王子は「ルイ・アーサー・チャールズ」

Catherine and Prince Louis Image copyright Getty Images

英王室は27日、ウィリアム王子とキャサリン妃が第3子の王子の名前を「ルイ・アーサー・チャールズ」に決めたと発表した。

ケンブリッジ公爵ウィリアム王子とキャサリン妃の公務を管理するケンジントン宮殿はツイッターで、「ケンブリッジ公爵夫妻は、息子をルイ・アーサー・チャールズと名づけたと喜んで発表します。赤ちゃんはケンブリッジのルイ王子殿下と呼ばれることになります」と明らかにした。

ルイ王子は23日午前11時1分、ロンドン西部セントメアリー病院のリンド病棟で、体重3827グラムで誕生した。

新王子は、祖父チャールズ皇太子、父ウィリアム王子、兄ジョージ王子と姉シャーロット王女に次いで、王位継承権5位。

Image copyright Getty Images
Image caption 生まれた当日のルイ・アーサー・チャールズ英王子

「ルイ」は、父ウィリアム王子のミドルネームのひとつ。兄ジョージ王子のミドルネームでもある。

さらに、王子の曽祖父エジンバラ公フィリップ殿下のおじで、「インド最後の英総督」だったマウントバッテン伯爵(1979年に「アイルランド共和軍(IRA)が殺害)の名前も「ルイ」だった。

「アーサー」は事前予想で人気の高かった名前のひとつで、こちらもウィリアム王子のミドルネームのひとつ。エリザベス女王の父ジョージ6世のミドルネームでもあった。

BBCのサラ・キャンベル王室担当編集委員は、「王子にふさわしいとされる名前の候補はあまりないものの、発表までに4日かかったことから、なかなか決まらなかった様子がうかがえる」と指摘する。

「ルイ」はフランスやドイツにゆかりのある名前のため、「意外に思う人や、ブレグジット(英国の欧州連合離脱)にからめて意見を言う人もいるだろう」と編集委員は述べ、さらに、「発音についても混乱が予想される。この場合、Louisは『ルイス』ではなく『ルイ』と発音する」と説明している。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
英ロイヤルベビー誕生の1日

ウィリアム王子は26日夜、記者団に王子の名前を聞かれ、「まだ考え中」だと答えていた。

王子は25日には、キャサリン妃と王子は「おかげさまで、順調」だと記者団に話していた。「今のところ、そこそこよく寝られていますよ。ありがたいことに、お行儀がよくて」。

(英語記事 Royal baby named Prince Louis

この話題についてさらに読む