米アカデミー、コズビー氏とポランスキー氏を除名 過去の性的暴行で

Bill Cosby (left) and Roman Polanski. Archive photos Image copyright Reuters/EPA
Image caption 俳優のビル・コズビー氏(左)と映画監督のローマン・ポランスキー氏

アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーは3日、コメディ俳優のビル・コズビー氏(80)と映画監督のローマン・ポランスキー氏(84)を除名すると発表した。両氏が過去に起こした性的暴行を受けたもので、アカデミーの運営基準に沿った措置としている。

かつて米国の国民的コメディアンだったコスビー氏は4月、性的暴行の罪で有罪判決を受けた。アカデミー賞の受賞経験もあるポランスキー氏は、1977年に当時13歳の少女に行った性的暴行を認めている。

コスビー氏もポランスキー氏も、この処分についてコメントしていない。

アカデミーは昨年にも、性的加害行動に対する複数の告発を受け映画プロデューサーのハービー・ワインスティーン氏を除名している。

ワインスティーン氏の加害行動暴露を機に、セクハラ被害者を支援する「Me Too」運動が始まって1年足らずの間に、複数の実力者が権力乱用を問われて地位を追われている。

アカデミーの発表内容

アカデミーの理事会は1日、両氏の扱いについて議決した。3日発表の声明で、「アカデミーの運営基準に則り、俳優のビル・コズビー氏と映画監督のロマン・ポランスキー氏を除名する」と説明した。

その上で、「理事会は今後も、人間の尊厳尊重というアカデミーの価値観を順守するよう会員に求める倫理基準を奨励していく」と述べた。

アカデミーの91年間の歴史で除名処分を受けたのは、コズビー氏とポランスキー氏、ワインスティーン氏を含めて4人のみ。

最初の1人は俳優のカーマイン・カリディ氏で、映画の極秘予告動画を友人に送ったかどで2004年に除名された。予告映像はインターネット上に漏えいしていた。

ポランスキー氏のしたこと

Image copyright (C) British Broadcasting Corporation
Image caption サマンサ・ゲイマーさん

ポランスキー氏の法定強姦事件は40年以上前にさかのぼる。

同氏は1977年、当時13歳だったサマンサ・ゲイマーさんを強姦した。ポランスキー氏はこの事実を認め、禁錮刑に42日間服したものの、司法取引の破綻を怖れて仮釈放中に米国から逃亡した。

ポランスキー氏はフランスとポーランドの市民権を持っており、米当局の身柄引き渡しを何度も回避してきた。

同氏が現在住んでいるフランスは、市民の身柄引渡しを行わない。米当局は2015年、ポランスキー氏がポーランド南部クラクフで撮影を行った時に身柄引き渡しを求めたが、ポーランドの裁判所はこれを拒否した。

スイス当局は2010年に9カ月間にわたってポランスキー氏を自宅監禁したものの、やはり身柄引き渡しには応じなかった。

2017年には仏版アカデミー賞に当たるセザール賞の選考委員に選ばれたが、反発を受けて降板している。

ゲイマーさんは昨年、米ロサンゼルスの裁判所でポランスキー氏に対する起訴を取り下げるよう要請。しかし裁判所は彼女の提案を却下している。

ソーシャルメディアでは、アカデミーのポランスキー氏に対する措置がこれほどまでに遅くなったことを指摘する声が上がっている。ポランスキー氏は法定強姦を認めた1977年以降、「戦場のピアニスト」(2002年)でアカデミー賞監督賞を受賞したほか、「テス」(1979年)で監督賞、「戦場のピアニスト」で作品賞にそれぞれノミネートされた。

ビー氏の有罪判決

コズビー氏は4月、3件の性的暴行事件について有罪判決を受けた。それぞれ10年の禁錮刑となる可能性がある。

コズビー氏は、2004年に元バスケットボール選手のアンドレア・コンスタンドさんに薬を盛り、暴行を加えた罪で起訴されていた。

この事件は2017年にも裁判が行われたが、その際には陪審員が評決にたどり着かなかった。

コズビー氏は1984~92年放映の「ザ・コスビー・ショー」で一世を風靡(ふうび)し、その役柄から「アメリカのお父さん」として親しまれていた。米国で最も報酬の高い俳優だったこともある。

<おすすめ記事>

(英語記事 Oscars academy expels Cosby and Polanski

この話題についてさらに読む