エールフランス航空の存続は「五分五分」=仏経済相 賃上げスト続く

Air France-KLM CEO Jean-Marc Janaillac. File photo Image copyright AFP
Image caption 労使交渉決裂で辞任に追い込まれたジャンマルク・ジャナイヤック会長兼CEO

フランスのブルーノ・ル・メール経済・財政相は6日、賃上げをめぐってストが続いているエールフランス航空が「消滅する」可能性があると懸念を示した。同社の労働組合は5.1%の賃上げを求めているが、交渉は難航。10日には、親会社エールフランスKLMのジャンマルク・ジャナイヤック会長兼最高経営責任者(CEO)が辞任する事態となっている。

ストは7日で14日目に突入している。

フランスのニュース番組BFMに出演したル・メール氏は、「私は不当な賃上げを要求している客室乗務員や地上勤務社員、パイロット全員に責任ある行動を求める」と発言した。

その上で、「エールフランスが存続できるかは五分五分だ」と述べた一方、フランス政府は同社の負債のバックネット役にはならないとしている。

エールフランスKLMは、2004年に仏エールフランスとオランダのKLM航空が合併して誕生し、欧州の航空会社でも最大手の1社。フランス政府はの株式14.3%を保有している。

連日のストにもかかわらず、エールフランスは7日のフライトについて、長距離便は99%、中距離便は80%、短距離便は87%が通常運航できるだろうと話した。

労使交渉でジャナイヤック会長は、向こう4年で7%賃上げする案を提示したものの、労働組合はこれを拒否。これが同会長の辞任につながった。

Image copyright AFP
Image caption エールフランスの本社前で抗議する従業員(4月11日、パリ)

エールフランスKLMは、2018年第1四半期(1~3月)に2億6900万ユーロ(351億円)の最終赤字を計上した。

英同業ブリティッシュ・エアウェイズや独ルフトハンザ航空は近年、格安航空や中東の航空会社の台頭による競争激化で大幅なコスト削減を強いられている。アナリストによると、こうしたなかエールフランスはリストラ戦略で他社に後れをとっており、赤字が続いていた。

エールフランスKLMはすでに、今年の業績見通しを下方修正している。

フランスでは、エマニュエル・マクロン仏大統領が公共部門の労働改革を進めている。4月にはフランス国鉄(SNCF)の抜本的改革に反対するストライキが始まったほか、メーデーにはデモ隊が暴徒化するなど、混乱が続いている。

エールフランスに対する政府の対応は、労働改革の試金石となりそうだ。

(英語記事 Air France survival in doubt, says minister

関連トピックス

この話題についてさらに読む