トランプ氏、米司法省に捜査要請 大統領選で自陣営にFBI「潜入」と

トランプ大統領は攻撃の開始や政治構想の発表をたびたびツイッターで行っている Image copyright Reuters
Image caption トランプ大統領は攻撃の開始や政治構想の発表をたびたびツイッターで行っている

ドナルド・トランプ米大統領は20日、2016年米大統領選で自陣営にスパイが政治的目的で潜入していた可能性について米司法省に捜査を要請すると述べた。

トランプ氏はツイッターで、「正式には明日要求するつもりだが、私は米連邦捜査局(FBI)や司法省が大統領選で僕の陣営に潜入ないし調査をしたかどうか、同省が調べることをここに要求する。この要請あるいは依頼が、オバマ政権関係者によるものだったかどうかもだ!」と書いた。

このツイートの前には複数の米メディアが、FBIの情報提供者がトランプ陣営関係者と接触していたと伝えていた。

トランプ氏は20日朝、このツイートのほかに、自陣営に対する「魔女狩り」捜査が続いていると批判。1年かけて捜査しても、ロシアとの共謀を一切見つけていないなどと攻撃した。

2016年米大統領選については、ロシアがトランプ陣営を勝たせようと工作したのか、トランプ陣営がロシア当局と結託していたのか、さらにはトランプ大統領が捜査の進展を違法に妨害しようしたのかなどについて、ロバート・ムラー特別検察官の指揮で捜査が進んでいる。

トランプ氏はこの捜査をこれまで、何度も攻撃してきた

<おすすめ記事>

トランプ陣営にスパイ

トランプ氏は18日、まずFBIが選挙でトランプ氏陣営にスパイを送り込んだと批判した。

大統領はツイッターに、「大統領選での僕の陣営に、FBIの担当者が少なくとも1人政治的目的で確かに入り込んでいたとの情報がある。ずいぶん早い段階でのことで、ロシアに関するいんちきな作り話が『熱い』フェイクニュースになる、ずっと前のことだ。もし事実なら、過去最大の政治スキャンダルだ!」と投稿した。

米紙ニューヨーク・タイムズはこの後、FBIの情報提供者は確かにいたとする記事を掲載した。記事は、人物の名前は明らかにしていない。このFBI関係者が陣営側近と話をしたのはあくまでも、「ロシアとつながりのある疑わしい連絡相手」についてFBIが情報を入手した後のことだったという。

報道によると、この情報提供者は英国で働く米国人研究者で、トランプ陣営の外交顧問だったジョージ・パパドプロス氏カーター・ペイジ氏に接触した。

米紙ワシントン・ポストも同様の内容を伝えた。

次に何が?

司法当局は、この件について米議会幹部への証拠開示を拒んできた。それをすれば、情報提供者もしくは、その複数の連絡相手の生命を危険にさらしかねないことを、理由に挙げている。

トランプ氏は、FBIを監督する米司法省に関係資料の公表を命じることができる。

情報提供者とムラー特別検察官とのつながりは

ワシントン・ポストによると、情報提供者は1年前にムラー氏が特別検察官に任命される前からロシア疑惑捜査に協力している。FBIは米大統領選期間中の2016年7月に、ロシアに関する捜査を開始した。

しかし、情報提供者がパパドプロス氏やペイジ氏との会合に至るそもそもの情報をどうやって入手したのか、そしてFBI情報提供者としての役割の全容は不明のままだ。

Image copyright Reuters
Image caption ロバート・ムラー特別検察官

元FBI長官のムラー氏はこれまでに19人を起訴してきた。パパドプロス被告はロシアと間を仲介したとされる人物との会合時期について、FBIに虚偽の供述をした罪を認めている。

しかし、トランプ氏と支持者たちは、ムラー氏批判の勢いを強めている。

トランプ氏は20日、「強い葛藤を抱える民主党員13人とオバマのために8年間働いてきた2名による、費用がまもなく2000万ドルになろうとしているこの魔女狩りは、どこで止まるのか! ロシアとの共ぼう(編注・collusion=共謀を原文はCollussionと誤記)は何も見つかっていないし、何の選挙妨害も発見できていないのに、汚職について調べていない…」とツイートした。

さらに、「…ヒラリー・クリントンの選挙活動で彼女は3万3000件のEメールを消去し、国務長官だった間に1億4500万ドルを受け取り、70万ドルをマケイブ(FBI前副長官)の妻に支払った(そしてテリー・Mと共にFBIの追及を逃れた)。他にもたくさんある。共和党員と真の米国人は、この詐欺に断固たる態度を取り始めるべきだ」とツイートした。証拠の提示はまったくない。ツイート内の「テリー・M」とは、クリントン氏に近いテリー・マコーリフ前バージニア州知事。

ムラー氏は共和党員。

<解説>前例のない恐怖――アンソニー・ザーカーBBC北米特派員

ロバート・ムラー氏は捜査範囲を広げている様子で、ドナルド・トランプ氏はそれを強く不満に思っている。

トランプ氏による20日の連続ツイートのきっかけになったらしいニューヨーク・タイムズ記事は、ロシアだけでなく、サウジアラビアとイスラエルを含む中東諸国の政府筋がトランプ陣営に支援を申し出ていたという疑いを、ムラー氏たちが捜査していると伝えている。米国の選挙手続きに対する外国人のこのような関与は、違法となるはずだ。

トランプ氏はニューヨーク・タイムズを非難したあと、民主党を攻撃し、さらには自国の司法省をツイッターで攻撃した。

大統領は公式要請のような表現で、指示をツイートした。しかし、その後の対応はほとんどない。だが、もし大統領が真剣だとすれば、ニクソン政権のウォーターゲート事件以来、大統領の干渉から守られてきた司法省の捜査過程に、干渉しようとする前例のない動きに相当するかもしれない。

情報各機関が結託して自分を陥れようとしている――。トランプ氏がこう信じているのは明白だ。本人の脳内では、情報機関は自分の友人たちを追及する一方で、自分の敵に手加減している。大統領はこの形勢を、逆転させようとしているのだ。

(英語記事 Trump seeks probe into FBI election campaign 'infiltration'

関連トピックス

この話題についてさらに読む