「貧困は性差別的」 著名人ら、世界の指導者に性不平等の是正求める

オプラ・ウィンフリーさん(左)、チャドウィック・ボーズマンさん(中央)、レナ・ダナムさんらが公開書簡に署名した Image copyright Reuters/Getty
Image caption オプラ・ウィンフリーさん(左)、チャドウィック・ボーズマンさん(中央)、レナ・ダナムさんらが公開書簡に署名した

米人気司会者で俳優のオプラ・ウィンフリーさんや米俳優のメリル・ストリープさんら多くの有名人が、世界中にある性の不平等を是正する緊急対応を取るよう、世界各地の指導者に求めている。

ウィンフリーさんやストリープさんは、国際チャリティ団体「ONE」がまとめた公開書簡に署名し、各国の政治指導者に具体的な対応をとるよう「警告」した。

署名した著名人140人は、全ての少女に教育機会を提供し、「女性のため歴史的変化」を実現するため、各国指導者に自分たちの権力を使うよう呼びかけた。

映画「ブラックパンサー」に出演したレティシア・ライトさんやチャドウィック・ボーズマンさんも署名した。

マイケル・シーンさんやサンディー・ニュートンさん、ナタリー・ドーマーさんといった英俳優や、レナ・ダナムさん、ナタリー・ポートマンさん、イッサ・レイさんといった米俳優も、呼びかけに賛同した。

セクシュアル・ハラスメントに対抗する最近の運動の広がりを受け、テレビドラマシリーズ「ナッシュビル」に主演するコニー・ブリットンさんは声明で「性差別やシステム的な性不平等が我々の社会にもたらしている有害な影響に対する関心の驚くべき高まりを、我々は目撃している」と述べた。

米エミー賞受賞俳優のブリットンさんは「今年の私の望みは、全員が、特に私たちの指導者が、完全な平等のための闘いに加わることだ」と述べ、公開書簡への支持を表明した。

公開書簡は貧困について、最も打撃を受けるのは女性だと指摘。「私たちは、最も貧しい女性が見過ごされているのを傍観などしません」としている。

世界経済フォーラムは昨年、男女格差の解消には、今の変化のペースのままではあと100年かかると報告を発表した。

主催者は、さらに大勢が公開書簡に署名して欲しいと希望している。

この書簡には、エンターテインメント業界以外からも多くの大物が支持を表明している。マデリン・オルブライト元米国務長官、フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)、米ウェブメディア「ハフィントン・ポスト」の創立者アリアナ・ハフィントンさん、ナイジェリアのンゴジ・オコンジョ・イウェアラ元財務大臣、モザンビークの政治家グラサ・マシェルさんらも支持者に名を連ねた。

公開書簡の内容は以下の通り――。

「親愛なる世界の指導者の皆様へ

私たちは皆さんに警告します。

教育を受けていない1億3000万人の少女のために。銀行口座を開けない10億人の女性のために。今日、児童婚で幼い妻になった3万9000人の少女のために。同じ仕事をしても男性より安い賃金しかもらえていない世界中の女性のために。

女性が男性と同じ機会を与えられている場所は、地球上のどこにもありません。しかし、性格差は、貧困状態で暮らす女性にとって、より大きく広がっています。

貧困は性差別的です。そして私たちは、最も貧しい女性が見過ごされているのを傍観することはありません。

あなたがたは、女性のために歴史的な変化を今年中に実現する力を持っています。G7からG20まで。アフリカ連合から、皆さんの国の年間予算まで。私たちは皆さんが約束を実現するよう、背中を押し続けます。そして約束を確実に実現するか、見届けます。実現できなければ責任を問いただします。そして、もし変化を実現できたら、私たちは真っ先に皆さんの進歩を称えます。

世界中の女性と少女に正義が実現するまで、私たちは止まりません。

なぜなら、全員が平等になるまでは、誰も平等ではないので」

(英語記事 Gender inequality: Stars tell world leaders poverty is sexist

関連トピックス

この話題についてさらに読む