出産禁止の離島で12年ぶり新生児誕生 ブラジル

フェルナンド・デ・ノローニャ島には世界有数のビーチがある Image copyright AFP
Image caption フェルナンド・デ・ノローニャ島には世界有数のビーチがある

出産が禁止されているブラジルの離島で19日、12年ぶりに新生児が生まれた。出産禁止にも関わらず、新生児は島民の祝福を受けている。

ブラジル北東部の町ナタルから370キロ北東に位置するフェルナンド・デ・ノローニャ島では約3000人が暮らしているが、産科病棟はない。

妊娠した女性は、ブラジル本土に渡ることが求められる。

匿名希望の女性は19日、島で女児を出産した。女性は妊娠に気づいておらず、「絶句するほど驚いている」という。

驚きの出産

女性は22歳だとみられる。

ブラジル紙「オ・グローボ」のオンライン版記事によると、女性は「18日の夜、痛みを感じた。トイレに行くと、足の間から何かが下りてくるのが見えた」と語ったという。

「子供の父親が来て、その何かを持ちあげた。赤ちゃんで、女の子だった。絶句するほど驚いた」

生まれたばかりの女児はその後、地元の病院に運ばれた。

現地政府は声明で出産を確認した。

オ・グローボによると、声明は「匿名を希望している母親は、自宅で産気づいた」、「家族は皆、妊娠に気づいていなかった」としている。

珍しい出産を祝うため、地元住民は現在、女児の衣服を寄付するなどして家族を助けていると現地報道は伝えている。

フェルナンド・デ・ノローニャ島は世界有数のビーチを自慢としており、ブラジルの国立海洋公園の敷地内にある自然保護区でも有名だ。海がめやいるか、くじら、珍しい野鳥がよく観測される。

保護区の脆弱(ぜいじゃく)性を理由に、島では厳格な人口抑制が行われている。

Image caption フェルナンド・デ・ノローニャ島の位置を示す地図。ブラジル北東部ナタルから370キロの沖合いにある

(英語記事 First baby in 12 years born on remote Brazil island

関連トピックス

この話題についてさらに読む