【元ロシア・スパイ】 娘のユリアさん、初のビデオ声明  「いずれは帰国したい」

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
神経剤から回復のユリアさん 「助かったのはとても幸運」

今年3月に英南部ソールズベリーで元ロシア情報将校の父親と共に、神経剤による殺害未遂の被害に遭ったユリア・スクリパリさん(33)が23日、ロイター通信を通じて、初のビデオ声明を発表した。

父セルゲイ・スクリパリさん(66)と共に神経剤「ノビチョク」を浴びたユリアさんは、ソールズベリー地域病院で1カ月半にわたる入院治療を受けた後、4月9日に退院した。ロイター通信に対して、自分の人生が「ひっくり返ってしまった」ものの、いずれはロシアに帰国したいと話した。

「20日間続いた意識不明の状態から目覚めると、自分たちに毒が使われたかもしれないと知りました。自分たちが2人ともそうして攻撃されたことを、まだ受け止めきれずにいます」

ユリアさんは、自分たちが暗殺されかけながらも助かったのは「とても幸運」だと話す一方で、治療は辛く、自分の体や精神状態が受けた影響が続いていると話した。

その上でユリアさんは、自分たちを支援してくれる病院スタッフや、当日の路上で自分たちを助けてくれた人たちに感謝した。

セルゲイさんは今月初めに退院した。


<おすすめ記事>


ビデオでは、ユリアさんの首に、呼吸を助けるための気管切開術の痕と思われる傷跡が見て取れる。

ユリアさんは、自分は治療を続けながら1日1日を着実に暮らしていくと述べた。さらに、父親が全快するまで世話を続けたいと話した。

さらに、自分と父親のプライバシー尊重を求めたほか、自分と父親の意向を語れるのは自分たちだけで、代弁者や代理人はいないと強調した。

加えて、ロシア大使館からの支援の申し出には感謝しつつ、今はそれを受け入れる用意がないし、受け入れたくないと言明した。

Image copyright Reuters
Image caption ユリアさんが英語で手書きした声明(一部)

ユリアさんが英語で手書きした声明全文はこちら。ユリアさんはロシア語でも声明を発表した。

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、ロシア政府として「情報源から直接情報を得るため」ユリアさんに接触を試みてきたと話した。

「ロシア外務省と在ロンドンのロシア大使館が、彼女に連絡をとろうとしなかった日はないと、ユリア・スクリパリさんには知ってもらいたい。私たちは何より、彼女が強制的に拘束されていないか、誰か別人が彼女のふりをしていないか、確認しようとしていた」と報道官は説明した。

ロンドンのロシア大使館は、ユリアさんの声明が「生まれつきの英語話者」によって書かれたもののようだと指摘し、本当にユリアさんによるものか疑わしいと疑念を示した。

「英国は我々に、ユリアと直接話をする機会を提供する義務がある。彼女が自分の意志に反して拘束されているわけではなく、発言を強要されているわけでもないと確認するためだ」と、大使館は声明を発表した。

退院後のスクリパリ親子は、英当局によって安全な場所に移動していたが、親子一緒かどうかは明らかになっていない。

何があったのか

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
【元ロシア・スパイ】 遅効性の接触毒だろうと化学兵器専門家

スクリパリ親子は3月4日、ソールズベリー中心部にあるベンチで意識不明となっている状態で発見された。

現場に真っ先に駆けつけたウィルトシャー警察のニック・ベイリー刑事巡査部長も神経剤に触れて病院に入院し治療を受けていたが、最初に退院した。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
【元ロシア・スパイ】 事件は「かなりの確率」でロシアによるもの=英首相
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
英在住の元ロシア人スパイ重体 分かっていること

英政府はロシア当局による暗殺未遂事件だと断定し、ロシア外交官23人の追放を含む制裁措置を発表した。英政府に続き米国や複数の欧州連合(EU)加盟国も、ロシア制裁を発動した。

一方のロシアは、一切の関与を否定し、報復措置として英国外交官に国外退去を命じた。

神経剤「ノビチョク」が最も高濃度で検出されたのは、スクリパリさんの家の玄関だった。ソールズベリー市内では今も除染活動が続いている。

(英語記事 Russian spy poisoning: Yulia Skripal hopes to return to Russia

関連トピックス

この話題についてさらに読む