介助犬が空港で産気づく――8頭無事出産 米フロリダ州で

生まれた赤ちゃんを世話する介助犬のエリー(今月25日、米フロリダ州) Image copyright Tampa Fire Rescue/Twitter
Image caption 生まれた赤ちゃんを世話する介助犬のエリー(今月25日、米フロリダ州)

米南部フロリダ州のタンパ国際空港で今月、介助犬が急に産気づくというハプニングがあった。飼い主たちは飛行機に搭乗する直前だった。

2歳のラブラドール・レトリバー、エレノア・リグビー(エリー)はタンパ消防本部の救急隊員に助けられ、8頭の赤ちゃんを無事出産した。

飼い主の女性と娘は、エリーが妊娠していたとは分かっていたものの、出産間近だとは気付いていなかったという。

エリーとオスのナゲットの間に生まれた8頭は、7頭がオスで、1頭がメス。

空港の広報担当者が地元テレビ局フォックス13に語ったところによると、飼い主たちは搭乗予定だったペンシルベニア州フィラデルフィア行きの便には乗り遅れた。

Image copyright Tampa Fire Rescue/Twitter
Image caption エリーの出産を多くの空港利用客が見守った
Image copyright Tampa Fire Rescue/Twitter
Image caption 出産を終えたエリーを抱く飼い主

空港の利用客たちが見守るなか、エリーは救急隊員のラリー・グラントンさんとナタリー・ブラウンさんに介助され、無事出産した。

タンパ消防本部は、「無事終了!」とのコメントと共にエリーと生まれたばかり赤ちゃんの様子をツイッターに投稿した。

Image copyright Tampa Fire Rescue/Twitter
Image caption ラリー・グラントンさん(写真左から2人目)とナタリー・ブラウンさん(同右)が出産を介助した
Image copyright Tampa Fire Rescue/Twitter
Image caption お父さん犬のナゲットも出産を見守った
Image copyright Tampa Fire Rescue/Twitter
Image caption 生まれた赤ちゃんを見つめるエリー

エリーが無事出産を終えると、ワンワンという鳴き声と一緒に拍手が沸き起こった。

Image copyright Tampa Fire Rescue/Twitter
Image caption 赤ちゃん犬が休む脇でエリーを抱く飼い主

地元紙マイアミ・ヘラルドによると、全部で10頭になった犬たちと飼い主たちは、1600キロ離れたフィラデルフィアへ自動車で向かった。

(英語記事 Service dog gives birth to eight pups in Florida airport

関連トピックス

この話題についてさらに読む