「ハワイの火山でマシュマロは焼くな」 米政府がSNS質問に回答

米ハワイ州のハワイ島にあるキラウェア火山は、世界で最も活発な火山の一つだ Image copyright Reuters
Image caption 米ハワイ州のハワイ島にあるキラウェア火山は、世界で最も活発な火山の一つだ

米地質調査所(USGS)は28日、火山の火口でマシュマロを焼くのは安全かとのソーシャルメディア上の質問に回答した。

答えは「いいえ」だ。

米ハワイ州のハワイ島にあるキラウェア火山は、世界で最も活発な火山の一つ。ここ数週間、活動を活発化させている。

ハワイ島に流れ出た、高温の溶岩流は、数十の家屋を飲み込んでいる。住民2000人が避難したという。

バーモント州リッチモンドに住むジェイ・ファーさんは、長い棒を使えば、火口でマシュマロを焼くのも安全なのではないかとUSGSに質問した。

ファーさんは「火山の火口でマシュマロを焼くのは安全ですか? 十分に長い棒を使えばどうでしょう? 焼けたマシュマロが有毒になるとか?」とUSGSの火山関連ツイッターアカウント宛に投稿した。

USGSの火山関連情報ツイッターアカウントは、米国にある火山について最新の状況や情報を発信している。同アカウントはファーさんの質問に答え、そのような実験は「不味いもの」「かなり衝撃的な化学反応」を引き起こすだろうと述べた。

USGSはツイッターでファーさんに「ええと… 我々は『いいえ』と言わなければなりません、その実験は危険です(試さないでください!)。火口が二酸化硫黄や硫化水素を噴出していた場合、マシュマロは不味いものになります。また、硫酸(たとえば、キラウェア火山から発生する火山ガスにも含まれます)を砂糖に加えると、かなり衝撃的な化学反応が起こります」と返信した。(編注:太字部分は原文ではすべて大文字で強調されている)

ハワイ島の住民は先週、溶岩が海に落ちると発生する有害ガスに関して警告を受けていた。

キラウェア火山は非常に活発な火山で、現在の噴火は35年前に始まった。

ここ数週間続く火山活動の活発化は、文字通り住居の裏庭で噴火が起こっていることを意味する。

これまでに報告された重傷者は1人だけ。バルコニーに座っていたところ、飛んできた溶岩が当たったという。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
溶岩流が家屋を飲み込む様子、ヘリコプターで撮影 米ハワイ

(英語記事 'Don't toast marshmallows on Hawaii volcano' says US government

関連トピックス

この話題についてさらに読む