トランスジェンダーの収容移民が米移民当局に「殺された」 =人権団体

ジェイムズ・クック BBCニュース・ロサンゼルス特派員

Roxana Hernandez Image copyright Diversidad Sin Fronteras

米国の移民当局に拘束されていたトランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)の移民が、収容中に死亡したことについて、人権団体は米国の「組織的殺人」だと非難している。

ホンジュラス人のロクサナ・ヘルナンデスさん(33)は米ニューメキシコ州で当局に拘束されている最中に、病気になった。

ヘルナンデスさんは、ドナルド・トランプ米大統領が糾弾してきた移民旅団に加わり、各地を移動していた。

米移民税関捜査局(ICE)は、収容された移民は全員、総合的な医療手当てを受けると声明を出した。

友人らによるとヘルナンデスさんは、暴力や憎悪、排斥を受ける中米での暮らしを逃れて、米国へ向かった。

「ヘルナンデスさんは、嫌がらせや身の危険、脅迫から自由な新しい生活を始める可能性が米国にあると期待していた」と、複数の移民権利保護団体が共同声明を出した。

3月末から4月末にかけて移民集団の1人としてメキシコを北上したヘルナンデスさんは、5月9日にカリフォルニア州のサンイシドロ港で入国手続きを取ろうと、亡命申請をした。しかしICEによると、過去に米テキサス州で窃盗、売春、不法入国で有罪判決を受けていたため、国外退去処分が決まり勾留された。

ヘルナンデスさんは、「早急に国外退去させるべき人物として処置された」とICEは説明している。

それから6日後の15日、ヘルナンデスさんはニューメキシコ州ミランのチボラ郡矯正センターに移送された。

Image caption 移民たちの移動経路。タパチュラからティファナまで、道のりは約3500キロに及ぶ。出典はメキシコ紙エル・ウニベルサルおよびラ・クロニカ

さらに2日後の17日、ヘルナンデスさんは「肺炎、脱水症状、およびHIVの合併症」でチボラ総合病院に入院した。

ヘルナンデスさんはニューメキシコ州アルバカーキのラブレス医療センターへの救急ヘリで移送されたが、25日早朝に亡くなった。

予備検視によると死因は「心不全」。検死解剖が予定されている。

「プエブロ・シン・フロンテラス(国境なき人々)」、「アル・オトロ・ラド(向こう側)」「ディベルシダド・シン・フロンテラス(国境なき多様性)」の移民支援3団体は共同声明で「ロキシー(ロクサナ・ヘルナンデスさん)は米移民当局の医療怠慢のため死亡した」と述べ、こう付け加えた。「言い換えれば、彼女は殺されたのだ」。

Image copyright AFP
Image caption 移民たちは3月25日、南メキシコから北へ向かう過酷な徒歩の旅を始めた

人権団体は、ヘルナンデスさんと同時期に勾留されていたステイシー(仮名)さんの声明を発表した。ステイシーさんによると、ヘルナンデスさんは「アイスボックス」の異名でも知られる、寒さで悪名高い待機房に5日間勾留された。ヘルナンデスさんはその際、病気になったのではないかと、ステイシーさんは疑っている。

ステイシーさんは、ヘルナンデスさんがせきや吐き気、下痢、体中の激痛みなどの症状に苦しんでいたにも関わらず、ICEは医師の診察を許可しなかったと主張する。

病気になったことを理由に、「ICEの職員はヘルナンデスさんを怒鳴りつけた」と声明でステイシーさんは述べている。「ヘルナンデスさんは、チボラ(郡矯正センター)に着くまで医療を受けられなかった」。

移民旅団の組織者によると、ヘルナンデスさんは少なくとも267人以上いる移民旅団メンバーの1人だった。メンバーには23人のトランスジェンダーが含まれていたという。移民旅団は、国境を越えてカリフォルニア州へ行き、亡命申請をしようとしていた。

移民の権利保護団体は、保護を求める入国希望者に、尊厳を保った人道的な対応、トランスジェンダーの人やHIV陽性のトランスジェンダーが持つニーズに慎重に対応する医療、そして全ての移民収容施設の閉鎖を求めている。

ICEによると、2017年8月以降に米国の移民収容施設で収容者が死亡するのは、ヘルナンデスさんで6人目。

ICEは発表で、テキサス州ヒューストンにあるホンジュラス領事館や「適切な」機関にヘルナンデスさんの死を伝えたと述べた。これらの機関が近親者にヘルナンデスさんの訃報を知らせるという。

ステイシーさんは、次に死ぬのは自分かも知れないと恐れていると語った。

「何があったかを思うと気分が悪くなり、同じことが自分に起こる可能性があると怖くなる。自分もHIV感染者なので」とステイシーさんは声明を結んだ。

今月初めには、20歳のグアテマラ先住民の女性、ゴメス・ゴンザレスさんがテキサス州で米国境警察に射殺された。射殺した国境警察官は、移民が集団で襲ってきたと主張している。

Image caption 米墨国境にある壁の現状。情報元:ウェブサイト「Openstreetmap.org」

(英語記事 Roxana Hernandez: Transgender migrant detainee 'murdered' by US

この話題についてさらに読む