ファッションデザイナーのケイト・スペードさん死去 自殺か

Designer Kate Spade attends AOL Build Series to discuss her latest project Frances Valentine at Build Studio on April 28, 2017 Image copyright Getty Images
Image caption ケイト・スペードさん

米ファッションデザイナーのケイト・スペードさん(55)が5日、ニューヨークの自宅で死亡しているのが発見された。警察は自殺とみて調べている。

スペードさんは米女性誌「マドモワゼル」の編集長を務めた後、1993年に夫のアンディ・スペードさんとかばんブランド「ケイト・スペード・ハンドバックス」を立ち上げた。

ハンドバッグなどアクセサリー類のほか、衣服や靴、宝飾品なども手掛けた。

ファッション業界からは、スペードさんの功績を称える声が相次いでいる。

<おすすめ記事>

スペードさんの死の状況は?

警察官によると、スペードさんはマンハッタンのパーク・アベニューの自宅で「反応がない」状態でハウスキーパーに発見された。

ニューヨーク市警は、スペードさんの死亡を確認した。市警は、スペードさんの出生時の名前「キャサリン・ノエル・ブロスナハン」で死亡を発表した。

スペードさんは書き置きを残していたが、警察は内容を公開しなかった。

Image copyright AFP
Image caption ケイト・スペードさんの自宅前に集まる報道陣

遺族は声明を発表し、スペードさんの死に際してプライバシーを尊重してほしいと話した。

「私たちはきょう起きた悲劇に打ちのめされています」

「私たちはケイトをとても愛していたし、彼女がいないことをひどく悲しく思うでしょう。この辛いとき、悲しむ私たちのプライバシーを尊重してください」

「ケイト・スペード」のこれまで

「ケイト・スペード・ハンドバッグス」は完璧なかばんのデザインを目指し、1996年にニューヨークに初出店。現在は全世界に300店舗以上を展開する。

トランプのスペードをあしらった特徴的なロゴは、スペードさんの名前からとったものだ。

明るくカラフルな模様をあしらったデザインも、ブランドのトレードマークだった。

Image copyright Reuters

スペードさんは2007年に自分の名前を冠したブランドを売却した。昨年には、米かばんブランド「コーチ」が24億ドル(2600億ドル)で買い取った。

その後、スペードさんはアンディさんと共に、娘の名前にちなんだ新たなブランド「フランシス・バレンタイン」を立ち上げている。

スペードさんは2016年、「2つの世界を分ける」ために自分の名前を正式にケイト・バレンタインに改名。バレンタインは、スペードさんの祖父のミドルネームだという。

人々の反応は?

スペードさんの死を受け、その功績を称える声が相次いでいる。

ビル・クリントン元大統領の娘チェルシー・クリントンさんは「大学時代、祖母から最初のケイト・スペードのかばんをもらいました。まだ持っています。ケイトさんの家族や友達、愛する人たちを心に留めています」とツイートした。

米女優・作家のレナ・ダナムさんも、「ケイト・スペードさんはデザイナー以上の存在でした。独特な視覚言語を持っていて、若い女の子やアーティストを虜にしました。ニューヨークでおなじみの存在で、好意を周りに振りまいていました。彼女の家族のことを思うと胸が張り裂けそうです。ありがとうケイト。あなたのおかげで自分はきれいだと思えた、何百万人の1人より」とつづった。

ジョージ・W・ブッシュ元大統領の娘ジェナ・ブッシュ・ヘイガーさんは、「学生時代にクリスマスにもらった最初のケイト・スペードのかばんを絶対に忘れません。ケイトさんは先駆者でした。その生と死から、苦しみは対象を選ばないのだと、想いを新たにしています。彼女の家族に愛を送ります」とツイートした。

米ファッションデザイナー協議会(CFDA)のスティーブン・コルブ会長とデザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグさんは共同声明で、哀悼の意を示した。

「CFDAは、友人であり、同僚であり、CFDAの会員でもあったケイト・スペードさんの悲劇的な死に打ちのめされています」

「彼女は素晴らしい才能の持主で、米国ファッションと、米国製アクセサリーに対する世界の見方に、計り知れないほどの影響を与えました」

独特な面白さと高級ゴルフクラブ――ナタリー・シャーマン、BBCニュース・ビジネス記者ニューヨーク

「ケイト・スペード」が世に出てから25年、この名前は特定の学生スタイルの代名詞となった。

スペードさんは1993年にハンドバッグを発表した際、米紙ニューヨーク・タイムズのインタビューで、当時の財布のデザインは退屈で、自分は機能性と洗練、そして「ある種のスタイル」を求めていると話した。

明るい色使いとくっきりしたラインが特徴のデザインはたちまち人気となり、バーニーズをはじめとするニューヨークの高級百貨店に並ぶことになった。

1999年には米百貨店ニーマン・マーカスが同ブランドの過半数株を取得。ファッション業界におけるブランドの成長がこれで約束され、「ケイト・スペード」は郊外の高級ゴルフクラブ的な高級感から離れすぎず、独特の面白さも併せ持ったブランドとしての地位を確実なものにした。

(悩みを抱えている方には、全国の「いのちの電話」や東京都の「こころといのちのホットライン」など各自治体の相談窓口があります)

(英語記事 Fashion designer Kate Spade found dead

関連トピックス

この話題についてさらに読む