歴史的な米朝首脳会談終えたトランプ米大統領、合意を評価

トランプ大統領

ドナルド・トランプ米大統領は12日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談後に記者会見し、共同声明に署名できたのは「ものすごいことだ」と、合意を高く評価した。

共同声明には、金委員長が朝鮮半島の非核化を約束したことが含まれている。トランプ大統領は、北朝鮮の完全非核化が実現するし、それは「検証される」と強調した。

トランプ大統領は1時間に及んだ記者会見で、北朝鮮が強く反発してきた米韓両国軍の合同軍事演習について、停止する考えを示した。多くの専門家はこれについて、トランプ氏による譲歩だと指摘している。

トランプ大統領は12日夕方、シンガポールを離れ帰国の途についた。

トランプ大統領は合同軍事演習について、「ものすごく費用がかかる。韓国も負担しているが100%ではない。我々を公正に扱うよう多くの国と話す必要がある。軍事演習はとても高額で、我々は大半を負担している」と述べた上で、北朝鮮にとって「非常に挑発的な状況」だとし、「とても複雑な取引を交渉している状況で(中略)軍事演習は不適切だ」と語った。

合意された内容

首脳会談は非核化と緊張緩和が中心的な議題だった。

米国と北朝鮮は「新たな関係」に向けて協力し、米国が北朝鮮に対して「安全を保証」することで合意した。

核兵器をめぐっては、金委員長の「朝鮮半島の完全な非核化に向けた固く、揺るぎない決意を再確認」した。

これに対して、非核化がどのように実現されるかについて、共同声明が具体的な内容に欠けていると複数の専門家が指摘している。

<おすすめ記事>

記者会見でトランプ大統領は、ほかにも共同声明に盛り込まれなかった内容に踏み込んだ。

非核化についてトランプ氏は、金委員長が「検証」に同意したと語った。会談前に米国は北朝鮮の非核化が「検証可能」なことを、不可欠な条件としていた。

トランプ氏はさらに、金委員長が「主要なミサイルエンジン実験場」の破棄にも同意したと述べた。

その一方で、北朝鮮に対する経済制裁は今のところ維持するし、「何も譲歩していない」と主張した。

金委員長との会談で人権問題について提起したのか、数人の記者から質問されたトランプ氏は、提起したと答えた。独裁国家・北朝鮮では、極端な検閲体制が敷かれ、強制労働収容所が存在する。

トランプ氏はまた、金委員長を「有能」だとする言葉を撤回しないと語った。トランプ氏は、「そうだな、彼はとても有能だ。26歳であんな状況を引き継いで、支配した。それも強力に。彼がいい人だとは言っていない」と述べた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
米朝首脳、合意文書に署名 「包括的」とトランプ氏

共同声明で挙げられた合意4項目は以下の通り。

  • 合衆国とDPRK(朝鮮民主主義人民共和国)は、両国民の平和と繁栄への希求に基づき、新たな米朝関係の樹立を約束した。
  • 合衆国とDPRKは、朝鮮半島の恒久的かつ安定した平和体制を築くことに共同で取り組む。
  • 2018年4月27日の板門店宣言を再確認し、DPRKは朝鮮半島の完全なる非核化に取り組むことを約束した。
  • 合衆国とDPRKは、すでに身元が分かっている遺骨の即時返還も含め、戦争捕虜(POW)や行方不明兵(MIA)の遺骨収集を約束した。
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
映像で見る 米朝首脳が初めて握手した瞬間

(英語記事 Trump Kim summit: US president hails deal after historic summit

この話題についてさらに読む