クリス・コーネルさん死去から1年、娘が父の日に共演曲公開

クリス・コーネルさんの妻ビッキーさん(右)とその3人の子供、トニーさん、クリストファーさん、リリー・ジーンさんは先月、クリスさんの死から1年の追悼集会に出席した Image copyright Getty Images
Image caption クリス・コーネルさんの妻ビッキーさん(右)とその3人の子供、トニーさん、クリストファーさん、リリー・ジーンさんは先月、クリスさんの死から1年の追悼集会に出席した

昨年死亡した米ミュージシャン、クリス・コーネルさんの娘トニー・コーネルさん(14)が17日、インスタグラムに父親とデュエットした音源を投稿した。17日は父の日だった。

トニーさんが投稿したのは、米ミュージシャンで2016年に亡くなったプリンスさんが作曲した「Nothing Compares 2 U」のデュエット音源。同曲は1990年にアイルランドの歌手シネイド・オコナーさんがカバーして世界的なヒットとなり、クリスさんも2016年にこの曲をカバーしていた。トニーさんは投稿で、クリスさんの愛を「毎日」恋しく思っているとも述べた。

クリスさんは昨年、米デトロイトでのライブ後に死亡しているのが発見された。自殺とみられている。

トニーさんはインスタグラムに、幼少期の自分を抱くクリスさんの写真と共に、「お父さん、愛してるし、とても恋しく思う。あなたは誰もそれ以上を望めないぐらい最高の父親だった。私たちの関係は本当に特別で、あなたはいつも私のためにそこにいてくれた。私が全く勇気を持てない時に、勇気をくれた。私が自分を信じていない時に、信じてくれた。毎日恋しく思ってる。この曲を一緒に録音できたことは、100回以上繰り返せたらと思うぐらい特別で素晴らしい経験で、あなたにとってもそうだったと分かってる。父の日おめでとう、お父さん。あなたと比べられるものなんてない。トニー」と投稿した。

クリス・コーネルさんは、1990年代に音楽界で起きた「グランジ・ムーブメント」の中心になった歌手。1984年に結成された米シアトル出身のバンド「サウンドカーデン」のリード・シンガーとして最も有名だった。サウンドガーデンはこれまでに6枚のアルバムを録音している。

Image copyright Getty Images
Image caption クリス・コーネルさんの2017年5月の死去は「突然で、予期せぬことだった」

クリスさんは後年、米ロックバンド「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」のメンバーとスーパーグループ「オーディオスレイブ」も結成した。クリスさん最大のヒット曲となった2006年の「You Know My Name」は、ジェイムズ・ボンドを主人公とする英人気映画シリーズの1作「007 カジノ・ロワイヤル」の主題歌ともなった。

(英語記事 Father's Day tribute to Chris Cornell

関連トピックス

この話題についてさらに読む